第84回日本温泉気候物理医学会総会・学術集会

プログラム

5月18日(土)

会長講演

13:10〜13:50
第1会場(3F コンベンションホール西)

座長:武田 淳史(東京医療学院専門学校 リハビリテーション学科)

「高齢者医療における温泉気候物理医学の役割」

光延 文裕(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 社会環境生命科学専攻 老年医学)

シンポジウム1「超高齢者社会におけるヘルスツーリズム」

13:50〜15:15
第1会場(3F コンベンションホール西)

座長:上岡 洋晴(東京農業大学大学院 環境共生学専攻)
渡邊 智(株式会社バスクリン 製品開発部 開発4グループ)

S1-1「わが国のヘルスツーリズムにおける温泉利用の現状と課題」

後藤 康彰(日本健康開発財団ヘルスツーリズム研究所)

S1-2「ヘルスツーリズムにおける安全かつ効果的な運動」

綾部 誠也(岡山県立大学情報工学部)

S1-3「地方行政が取り組むヘルスツーリズムの事例:たまの版生涯活躍のまち(CCRsea)」

黒田 晋(岡山県 玉野市長)

特別講演1

15:20〜16:00
第1会場(3F コンベンションホール西)

座長:宮下 和久(和歌山県立医科大学)

「低線量放射線の健康影響:ラドン温泉の健康効果とそのリスク」

山岡 聖典(岡山大学大学院保健学研究科)

特別講演2

16:00〜16:40
第1会場(3F コンベンションホール西)

座長:倉林 均(埼玉医科大学 リハビリテーション医学)

「ストレスによる血中カテコールアミン遊離・分泌の中枢性調節」

岡田 尚志郎(愛知医科大学医学部 薬理学講座)

特別企画「超高齢社会の入浴事故とその安全対策」

16:40〜18:00
第1会場(3F コンベンションホール西)

座長:小片 守(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 法医学)
吉岡 尚文(秋田大学 名誉教授)

1「入浴中の急死と心臓の加齢性の変化との関連について」

佐藤 文子(北里大学医学部 法医学)

2「入浴事故における法的責任」

古笛 恵子(コブエ法律事務所)

ランチョンセミナー

12:00〜13:00
第2会場(3F コンベンションホール東)

座長:早坂 信哉(東京都市大学人間科学部/子ども家庭福祉研究センター)

「入浴と健康」

渡邊 智(株式会社バスクリン)

共催:株式会社バスクリン

シンポジウム2「温熱刺激の基礎と臨床、最近の進歩 −灸治療の効果とその科学的根拠−」

13:50〜15:20
第2会場(3F コンベンションホール東)

座長:山口 智(埼玉医科大学 東洋医学科)
坂井 友実(東京有明医療大学 鍼灸学科)

S2-1「温度感受性TRPチャネルの構造と機能」

富永 真琴(生理学研究所 細胞生理研究部門/
生命創成探究センター 温度生物学研究グループ)

S2-2「灸治療の特性とその可能性」

三村 直巳(東京医療専門学校)

S2-3「腰部脊柱管狭窄症のバランス機能に対する足底部(固有感覚受容器)の
灸刺激の効果」

粕谷 大智(東京大学医学部附属病院 リハビリテーション部 鍼灸部門)

S2-4「温灸療法が妊婦に与える効果 −マイナートラブルとQOLを指標として−」

安野 富美子(東京有明医療大学保健医療学部 鍼灸学科)

体験実技セミナー

15:20〜16:20
第2会場(3F コンベンションホール東)

座長:矢野 忠(明治国際医療大学)

「医師のための鍼灸体験講座(3)−難治性の疼痛や麻痺に対する鍼灸治療−」

山口 智(埼玉医科大学 東洋医学科)

5月19日(日)

最優秀論文賞授賞式・講演

9:30〜10:00
第1会場(3F コンベンションホール西)

座長:飯山 準一(熊本保健科学大学保健科学部 リハビリテーション学科
理学療法学専攻)

「42℃入浴における体温と最高動脈血流速度の変化
−温泉大浴槽入浴と家庭用浴槽入浴の比較−」

島崎 博也(鈴鹿医療科学大学/小山田記念温泉病院)

倫理教育講演

10:00〜10:50
第1会場(3F コンベンションホール西)

座長:森 英俊(国立大学法人 筑波技術大学 名誉教授)

「臨床研究を行う時に大切なこと −規制を学びみんなで研究を楽しもう−」

堀田 勝幸(岡山大学病院 新医療研究開発センター)

教育講演

10:55〜11:45
第1会場(3F コンベンションホール西)

座長:光延 文裕(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 社会環境生命科学専攻 老年医学)

「超高齢社会における鍼灸治療の役割」

矢野 忠(明治国際医療大学)

シンポジウム3「温泉気候物理医学のノウハウを活用した高齢者医療の実践」

13:35〜15:05
第1会場(3F コンベンションホール西)

座長:牧野 直樹(九州大学 名誉教授)
大塚 吉則(札幌国際大学スポーツ人間学部 スポーツ指導学科)

S3-1「高齢心不全患者に対する和温療法の効果」

宮田 昌明(鹿児島市立病院)

S3-2「フレイル(frailty):当院での現状と取り組み~温泉活用の可能性も含めて」

芦田 耕三(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 三朝地域医療支援寄付講座/
三朝温泉病院)

S3-3「集団的水中運動療法の実践 −フレイルの視点から−」

出口 晃(小山田記念温泉病院)

S3-4「温泉の医学的効果とその応用」

前田 豊樹(九州大学病院別府病院 内科)

特別報告

10:55〜11:35
第2会場(3F コンベンションホール東)

座長:宮田 昌明(鹿児島市立病院 循環器内科)

1「中高年の外来患者における家庭での入浴ならびに温泉入浴と基礎疾患数との関連:
日本における多施設間横断研究」

上岡 洋晴(日本温泉気候物理医学会 学術委員会)

2「妊婦の温泉浴の安全性の検討(最終報告)」

岩永 成晃(医療法人コラソン 岩永レディスクリニック)

座長:中谷 純(札幌国際大学)

3「「新・湯治」効果測定調査の中間結果と課題」

早坂 信哉(一般財団法人日本健康開発財団温泉医科学研究所/東京都市大学)

4「日本温泉気候物理医学会の温泉用語集の用語の引用頻度についてPubMed、医学中央雑誌を用いて検討した」

保崎 泰弘(広島逓信病院 第一内科)

温泉療法医総会・講演会

12:30〜13:30
第2会場(3F コンベンションホール東)

座長:三友 紀男(療法医会)

「人工知能時代の未来社会と保健医療」

桜田 一洋(理化学研究所 医科学イノベーションハブ推進プログラム)

一般演題 5月18日(土)

一般演題1 温泉・水治療法1

16:25〜17:05
第2会場(3F コンベンションホール東)

座長:松尾 晃次(白浜はまゆう病院)

1「高齢者の入浴習慣と野外活動時の温泉入浴による気分の変化について」

山本 智保子(福井市社会福祉協議会)

2「豊富温泉湯治におけるストレス改善を目的とした至適湯治期間の検討」

西川 浩司(富良野協会病院 消化器内科)

3「山形県湯野浜温泉(塩化物泉)の温泉浴の医学的効果」

前田 眞治(国際医療福祉大学大学院 リハビリテーション学分野)

4「ラドン泉入浴が身体に及ぼす影響:脳血流と脳波への影響」

松元 秀次(日本医科大学大学院医学研究科 リハビリテーション学分野)

5「温泉治療効果を天然温泉ドクター健康の湯で毛細血管スコープを使って検討
(第一報)」

伊藤 實喜(医療法人誠徳会)

一般演題2 温泉・水治療法2

17:10〜17:58
第2会場(3F コンベンションホール東)

座長:保崎 泰弘(広島逓信病院 第一内科)

6「温泉の温熱効果による糖化改善効果−第1報」

志和 悟子(公益財団法人国際全人医療研究所/千代田国際クリニック)

7「2型糖尿病患者における入浴習慣の代謝パラメーターとの関連についての
横断的観察研究」

勝山 修行(国立国際医療研究センター 国府台病院 内科)

8「当院2型糖尿病患者の動脈硬化指標と末梢神経障害」

加藤 光敏(加藤内科クリニック)

9「福島県金山町を舞台にしたヘルスツーリズムプログラムの提案
−炭酸泉入浴が動的姿勢制御に与える影響−」

亀岡 雅紀(新潟大学大学院)

10「下腿難治性潰瘍に対する炭酸泉浴イソジンシュガーパスタ軟膏併用療法
(仮称:ラムネ療法)」

日原 正勝(関西医科大学 形成外科)

11「10分間のマッサージ、ジェットバス入浴、ジェットなし入浴における心臓自律神経活動の相違(2)」

殿山 希(筑波技術大学保健科学部 保健学科)

一般演題3 健康増進1

14:00〜14:40
第3会場(3F 301会議室)

座長:渡邊 孝男(米沢市立病院)

12「年齢別にみた幼児の入浴習慣」

早坂 信哉(東京都市大学人間科学部/
一般財団法人日本健康開発財団温泉医科学研究所)

13「学校での保健学習における入浴習慣について」

大島 紀人(東京大学 学生相談ネットワーク本部)

14「高齢者の入浴習慣について −夏季と冬季の比較−」

島崎 博也(鈴鹿医療科学大学)

15「高齢者の浴槽入浴頻度と抑うつ傾向発症との関連− JAGES縦断分析」

八木 明男(千葉大学医学部附属病院 和漢診療科)

16「日本人高齢者の入浴頻度とその後の認知症発症リスクの関連:
JAGESコホート研究」

柳 奈津代(千葉大学 予防医学センター)

一般演題4 健康増進2

14:45〜15:25
第3会場(3F 301会議室)

座長:小笠原 真澄(大湯リハビリ温泉病院)

17「8週間の水中歩行が呼吸筋力に与える影響」

山科 吉弘(藍野大学医療保健学部 理学療法学科)

18「自宅での温泉利用と健康指標の関連」

早坂 信哉(東京都市大学人間科学部/一般財団法人日本健康開発財団温泉医科学研究所)

19「糖尿病患者における入浴習慣の実態について」

箱島 真理子(国立国際医療研究センター 国府台病院)

20「41℃15分間入浴時の高齢者と若年者の体温調節応答時間の比較」

美和 千尋(鈴鹿医療科学大学保健衛生学部 リハビリテーション学科)

21「唾液アミラーゼ活性による産婦人科手術術前後のストレス度の測定とエジンバラ産後うつ病質問票(第7報)」

長谷 光洋(JA岐阜厚生連中濃厚生病院 産婦人科)

一般演題5 健康増進3

15:30〜16:10
第3会場(3F 301会議室)

座長:出口 晃(小山田記念温泉病院 内科)

22「介護施設従事者の入浴習慣とメンタルヘルス」

飯山 準一(熊本保健科学大学保健科学部 リハビリテーション学科)

23「温度、浸漬時間を規定した入浴習慣が自覚的睡眠感に及ぼす影響
〜入浴就床の時間間隔に着目した解析〜」

久保 高明(熊本保健科学大学保健科学部 リハビリテーション学科)

24「温度、浸漬時間を規定した入浴習慣がメンタルヘルスに及ぼす影響
〜入浴就床の時間間隔に着目した解析〜」

爲近 岳夫(熊本保健科学大学保健科学部 リハビリテーション学科)

25「炭酸泉入浴が立位姿勢時の重心動揺に与える影響
−長湯温泉転倒予防入浴プログラムの提案−」

坂口 雄介(新潟大学大学院)

26「反復重炭酸泉温浴が冷えの改善にもたらす効果」

奴久妻 智代子(医療法人社団タイオン サーモセルクリニック)

一般演題6 リハビリ・運動医学

16:15〜16:55
第3会場(3F 301会議室)

座長:北條 達也(同志社大学スポーツ健康科学部)

27「夏季における男子競輪選手の高温温泉入浴が睡眠に及ぼす効果の検討」

松田 貴雄(独立行政法人国立病院機構西別府病院 スポーツ医学センター)

28「水中運動におけるバランス練習と筋力トレーニングの効果の検討」

足立 亜美(栃木県医師会塩原温泉病院 リハビリテーションセンター)

29「足にSCIP flapを施行した症例のリハビリテーション」

田中 太郎(東京大学医学部附属病院 リハビリテーション部)

30「足関節背屈可動域制限に対して足浴を実施することにより歩行能力が改善した
2症例」

森本 信三(公益財団法人白浜医療福祉財団白浜はまゆう病院
南紀白浜温泉リハビリテーションセンター)

31「機能的電気刺激を用いた歩行訓練をSmartphoneで解析した脳卒中片麻痺患者の
一症例」

水谷 真康(医療法人社団主体会小山田記念温泉病院)

一般演題7 東洋医学・物理療法

17:00〜17:48
第3会場(3F 301会議室)

座長:永田 勝太郎(千代田国際クリニック)

32「疼痛性愁訴を有するうつ病および双極性障害うつ状態に対する鍼治療の
臨床効果」

松浦 悠人(東京有明医療大学大学院保健医療学研究科)

33「スポーツ選手を対象とした鍼灸治療の有害事象調査
−有害事象が起こる要因について−」

藤本 英樹(東京有明医療大学保健医療学部 鍼灸学科/
東京有明医療大学大学院保健医療学研究科)

34「冷えを認める女性の不妊漢方療法では、脾胃を整えることが必要である」

中山 毅(浜松医科大学医学部附属病院 産婦人科)

35「芍薬甘草湯が継続投与困難であった有痛性筋痙攣に対する鍼治療効果」

菊池 友和(埼玉医科大学 東洋医学科/パークヒルクリニック)

36「フェムト秒レーザーによる切皮様刺激の効果は鍼による切皮のそれとは異なる」

高岡 裕(神戸大学医学部附属病院 医療情報部)

37「自閉症スペクトラム症に対するあん摩マッサージの効果(研究プロトコル)」

河原 忍(筑波技術大学大学院技術科学研究科 保健科学専攻 鍼灸学コース/
福岡県立福岡高等視覚特別支援学校)

一般演題 5月19日(日)

一般演題8 リスク管理・その他

11:50〜12:30
第1会場(3F コンベンションホール西)

座長:卯津羅 雅彦(東京慈恵会医科大学柏病院 救命救急センター)

38「低温負荷後の手指温変化の観察に基づいた血管障害進捗の検討」

五藤 良将(千葉中央メディカルセンター 内科/津田沼中央総合病院 内科)

39「入浴時に受傷した高齢者の熱傷の2例」

西尾 栄一(豊川市民病院 皮膚科)

40「地域医師会急性期病院における熱中症救急搬送例の検討」

末廣 剛敏(遠賀中間医師会おんが病院)

41「2018年における鹿児島県の入浴死例の実態と予防のための今後の課題」

林 敬人(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 法医学分野)

42「入浴死の病態解明に向けた基礎的検討
−温水溺死モデルで変動する遺伝子の網羅的解析」

林 敬人(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 法医学分野)

一般演題9 健康増進4

11:45〜12:25
第2会場(3F コンベンションホール東)

座長:信岡 祐彦(聖マリアンナ医科大学 臨床検査医学)

43「温泉プール・歩行浴での湯中運動が心身にもたらす効果」

後藤 康彰(日本健康開発財団ヘルスツーリズム研究所)

44「継続的な金山町の含二酸化炭素温泉入浴が心身にもたらす効果」

後藤 康彰(日本健康開発財団ヘルスツーリズム研究所)

45「週2回のHSP入浴3週間継続によるHSP70の発現と身体に及ぼす影響」

伊藤 要子(一般社団法人HSPプロジェクト研究所)

46「ニンジンエキス含有炭酸入浴剤の皮膚血流量および体温に及ぼす影響」

田辺 雄一(花王株式会社 パーソナルへルス研究所)

47「カイロを用いた腹部温罨法時間と温度による生理痛緩和効果の検証」

田中 友梨(桐灰化学株式会社 開発部 研究開発課)

一般演題10 健康増進5

13:35〜14:15
第2会場(3F コンベンションホール東)

座長:細江 雅彦(公益社団法人地域医療振興協会市立恵那病院)

48「時間スケールの階層性を考慮したヘルスツーリズムの提案」

古俣 清夏(新潟大学大学院)

49「目的地までの移動・温泉入浴・食事・睡眠の生体情報をヘルスツーリズムプログラムに利用する」

村山 敏夫(新潟大学)

50「バンコク(タイ)の温泉施設に関するSWOT分析」

倉田 大輔(池袋さくらクリニック)

51「海岸での気候療法と温泉入浴による高齢者の野外活動時の気分状態について」

金山 ひとみ(福井大学医学部 国際社会医学講座 環境保健学領域)

52「三重県における「新・湯治」効果測定調査プロジェクトのパイロットスタディ
−温泉地滞在と健康状態の変化−」

森 康則(三重県保健環境研究所/三重大学大学院生物資源学研究科)

一般演題11 物理療法・生気象学

13:35〜14:23
第3会場(3F 301会議室)

座長:森 英俊(国立大学法人 筑波技術大学 名誉教授)

53「電子負荷療法が奏効した不眠、せん妄の一例」

西 勝久(群馬リハビリテーション病院)

54「MTS前処置はシスプラチン腎障害における炎症関連遺伝子の発現を抑制する」

前田 曙(熊本保健科学大学大学院 リハビリテーション領域)

55「ラットを用いたin vivo実験での生体の深部加温実験における超音波散乱波の
統計解析による内部温度変化測定」

竹内 道雄(立山科学工業株式会社 メディカルデバイス事業部/
富山大学研究推進機構研究推進総合支援センター
生命科学先端研究支援ユニット)

56「今冬期含め7シーズンの小児インフルエンザ患者に対する人工高濃度炭酸泉と
生薬麻黄煎じ液の相乘足浴効果」

藤田 康介(上海東和クリニック)

57「森林浴がスポーツ競技選手に及ぼすリラックス効果について」

武田 淳史(東京医療学院専門学校 リハビリテーション学科)

58「気象・粉塵・花粉による気管支喘息の増悪に関する検証」

渡邉 直人(横浜市立みなと赤十字病院 アレルギーセンター)

第40回温泉療法医教育研修会(事前申込制)

5月18日(土) 1日目第3会場(3F 301会議室)
8:30より受付
1.8:45〜9:15(30分)温泉療法医・温泉療法専門医制度
(含温泉療法指示書)
小笠原 真澄
2.9:15〜9:45(30分)運動器疾患北條 達也
3.9:45〜10:15(30分)気候療法宮下 和久
休 憩(10分)
4.10:25〜10:55(30分)神経疾患出口 晃
5.10:55〜11:25(30分)循環器疾患宮田 昌明
6.11:25〜11:55(30分)呼吸器疾患加藤 冠
5月19日(日) 2日目第3会場(3F 301会議室)
8:30より受付
7.8:45〜9:15(30分)温泉関連法早坂 信哉
8.9:15〜9:45(30分)代謝疾患保崎 泰弘
9.9:45〜10:15(30分)皮膚療法福田 均
10.10:15〜10:45(30分)温泉地衛生学滝沢 英夫
休 憩(10分)
11.10:55〜11:25(30分)消化器・腎疾患飯山 準一
12.11:25〜11:55(30分)入浴事故とその対策小片 守
13.12:00〜13:00(60分)三朝温泉病院の温泉物理療法(DVD)芦田 耕三