第32回日本老年麻酔学会

会長挨拶

第32回日本老年麻酔学会の開催にあたって

 この度、第32回日本老年麻酔学会の会長を仰せつかりましたことは、誠に光栄に存じます。会員の皆様には心より感謝申し上げます。
 今回は2020年2月8日(土曜日)と9日(日曜日)に倉敷市芸文館にて学会を開催させて頂きます。
 学会のテーマは、「チーム医療で高齢者の手術に備える ―元通りの生活へ戻るためにー」としました。日本老年麻酔学会ホームページの前事務局長・土田先生の挨拶文には、高齢者の術後は「元通りの生活を送ることは難しくなるのが現状」で、日本老年麻酔学会は、手術を受けた高齢者がより良い周術期を送れるように・・・(中略)発足した」とあります。順調な術後回復の障害、認知機能低下や譫妄は、高齢者が術後に元通りの生活に戻ることを難しくします。高齢者が元通りの生活に戻るために、我々にできることを考える機会にしたいと思います。まず術前の取り組みにフォーカスし、術中・術後へどう繋げていくのか、周術期外来、術前栄養介入、術前リハビリテーションなどチーム医療で高齢者が手術に備える手助けをする既存の取り組みを学び、今後の可能性を考えたいと思います。
 会場の倉敷市芸文館は、伝統的建造物群が保存されている倉敷美観地区に隣接しており、学会でしっかり学び、そして考えた後は、大原美術館での名画鑑賞や街歩きを楽しんでいただけます。瀬戸内の旬な魚や美味しい地酒なども、会員の皆様にきっと満足していただけると思います。
 会員の先生方のお知恵を拝借しながら準備をすすめ、倉敷で皆様にお会いできることを楽しみにいたしております。
第32回日本老年麻酔学会
会長 中塚 秀輝
川崎医科大学麻酔・集中治療医学1教室