OKAYAMA NUTRITION CLUB

代表世話人挨拶

 栄養療法があらゆる医療・介護の根幹でることは周知の事実ですが、患者のスクリーニング、栄養計画、治療目標の設定には多くの知識と労力が必要であり、実臨床においてはいまだ十分に患者がその恩恵に与っているとはいいがたい現状です。また学術的にも、研究手法が複雑で、研究者の参画は少なく、十分な成果が得られているとは言えません。
 岡山県では、早くからOKAYAMA NUTRITIONAL CLUB(ONC)、岡山PEG・栄養研究会、おかやま栄養連携懇話会と3つの勉強会があり、ONCは清水義信先生、岡山PEG・栄養研究会と岡山栄養連携懇話会は梶谷伸顕先生が代表世話人として岡山の地域での臨床栄養および栄養研究をリードしてこられました。これらの活動は、「岡山は栄養に関する理解や研究活動が盛んだ」という全国的な評価を得ており、また定着させてきたのではないかと思います。しかし、梶谷伸顕先生が病に倒れ現在リハビリ中であること、また栄養に関する全国学会への参加が年々多くなり身近になってきたことから、この3つの地方会を1つに統合しようということになりました。
 平成29年9月16日に、3学会の役員にご参集いただき、新たに統合されたOKAYAMA NUTRITIONAL CLUB(ONC)として再スタートをすることになりました。地方会のメリットは、お互いに顔を知った仲間が情報共有し、また同時に切磋琢磨することにあるかと思います。今後とも、岡山における栄養学の熱気を絶やさないように、一緒に努力していければと思います。何卒よろしくお願いいたします。
OKAYAMA NUTRITION CLUB
代表世話人:平井 敏弘