会長挨拶

日本血管外科学会中国四国地方会第48回総会
会長 泉谷 裕則
(愛媛大学大学院医学系研究科 心臓血管・呼吸器外科学)
 この度、日本血管外科学会中国四国地方会第48回総会を2017年8月5日(土)に「道後温泉 大和屋本店」(松山市)で開催いたします。伝統ある会の会長を務めさせていただきますことを大変光栄に存じます。

 血管外科の最近の進歩は著しく、ステントグラフト治療をはじめとした低侵襲治療や内科外科領域を超えた血管内治療など、患者への負担の少ない治療が増えています。一方で高度な技術を必要とする侵襲的な外科手術やハイリスク症例、重症下肢虚血の治療など、医療者への負担の少なくない症例も増えています。

 本会ではこのような多様な背景の血管外科治療について、新しい知識や技術の習得、難渋症例の工夫や情報の共有によって、参加される方々の親睦をはかり日常診療や研究、教育の糧となることを期待しています。一般演題の他、特別講演は森之宮病院心臓血管外科部長 加藤雅明先生のご講演を予定しています。また、ランチョンセミナー、イブニングセミナーを企画しています。これらの企画を通して、今回の学会が中国・四国地方における血管外科領域のさらなる発展に寄与することを祈念しています。

 歴史ある松山での開催です。「愛媛大学ミュージアム」、「坂の上の雲ミュージアム」、「道後温泉本館」などで新たな発見もしていただけると思います。また今回は道後温泉の老舗「大和屋本店」を会場とさせていただきました。会期中はいつでも自由に温泉につかっていただけます。松山の『おせったい』を是非とも体感してください。参加予定の皆様には多くの演題を応募していただくとともに、大いに学び楽しんでいただけることを心よりお願い申し上げます。

 総会の翌日8月6日(日)に、会員親睦ゴルフを愛媛県松山市の名門ゴルフ場『奥道後ゴルフクラブ』で開催予定です。お時間の許す方はこちらも是非ご参加頂きますようにお願い申し上げます。