採択結果一欄


採択結果のご連絡を、1月19日(火)にメールでお送りしております。
メールが確認できない場合、迷惑フォルダに振り分けられているか、
ご登録いただいたメールアドレスが誤っている可能性がございます。
採択結果のメールを確認出来ない場合は、お手数ですが運営事務局までお問合せください。

指定演題登録

特別講演、教育講演、よくわかるシリーズ、シンポジウム、ワークショップ、ジョイントシンポジウムの抄録をご登録の先生方は、以下より抄録の登録、確認、修正をお願いいたします。
<演題登録・確認・修正期間>
 2015年9月1日(火)〜11月17日(火)正午まで 締めきりました


*指定演題文字数
・演題名:全角50文字以内
・抄録本文:全角600文字以内(図表なし)
・登録可能な最大著者数:15名まで(筆頭著者を含む)
・登録可能な最大所属施設数:10施設まで

一般演題登録

1.演題募集期間

2015年9月1日(火)〜11月17日(火)正午まで 締めきりました

2.応募資格

筆頭著者は正会員もしくはその所属施設が施設会員となっていることが望まれます。
ご発表前にご入会をお願いします。
※施設会員の場合、「非会員」区分で参加費をお支払いいただきます。
ご入会についてはこちらをご確認ください。

3.応募方法

オンライン登録のみで受付いたします。本ページ下部のボタンより登録してください。

4.一般演題文字数

・演題名:全角50文字以内
・抄録本文:全角600文字以内(図表なし)
・登録可能な最大著者数:15名まで(筆頭著者を含む)
・登録可能な最大所属施設数:10施設まで


<注意点>
1.演題申込は全て本ホームページからのインターネットによるオンライン登録となります。
2.応募締切直前は回線が大変混み合うことが予想されますのでお早めにご登録ください。
3.登録内容を修正するためには登録番号とご登録時のパスワードが必要となります。
4.締切日までは、何度でも登録した内容の確認・修正が可能ですが、締切日を過ぎますとシステムが自動的に終了しますので、以降の確認・修正はできません。

5.発表形態について

一般演題は口演、ポスターで受付いたします。
演題登録の際、発表形式について口演もしくはポスターのご希望をお伺いいたしますが、最終的な発表形態につきましては、主催者および査読委員にて決定させていただきます。
採択につきましては、後日運営事務局よりご連絡いたします。

6.YIA賞について

<対象>

1.第6回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会の一般演題に演題を提出し、かつYIAへの応募を希望する者
2.発表者は40歳未満で日本腎臓リハビリテーション学会の正会員であること
(学会発表時に40歳未満であること)
3.筆頭演者が学会発表者であること

<選考方法>

1.第一次審査:書類選考により7演題を選出いたします。通過者には後日通知をいたします。
2.第二次審査:第6回日本腎臓リハビリテーション学会にて審査講演会(口述発表)を実施し、会長賞1名、副会長賞2名、優秀賞4名を決定いたします。

<表彰>

第6回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会 懇親会にて審査結果を公表し、賞の贈呈を行います。

<演題登録>

希望者は、演題登録時に選択の上、演題をご登録ください。

7.一般演題カテゴリーについて

演題をご登録される際は、下記カテゴリーの中から該当するカテゴリーをご選択の上、
ご登録ください。


1.基礎研究・運動生理
2.運動負荷試験・運動処方
3.運動療法
4.食事療法・栄養
5.薬物療法
6.透析療法
7.看護ケア・患者教育
8.こころのリハビリテーション
9.高齢者
10.合併症(運動器・脳血管・心大血管)
11.フットケア
12.チーム医療
13.在宅医療・地域包括ケアシステム
14.フレイル・ロコモ・サルコペニア
15.QOL
16.回復期リハビリテーション入院医療
17.骨代謝・骨粗鬆症
18.透析通院困難と包括的リハビリ
19.保存期CKD
20.糖尿病
21.その他