■会長挨拶

第32回日本静脈経腸栄養学会学術集会開催にあたって
第32回日本静脈経腸栄養学会会長
川崎医療福祉大学 臨床栄養学科 特任教授
平井敏弘
 この度、第32回日本静脈経腸栄養学会学術集会を2017年2月23日(木)・24日(金)の2日間、岡山市において開催させていただくことになりました。皆様のご支援に心から感謝申し上げます。
 本会は、参加者が1万人を超える、栄養学に関する学術集会としては世界最大規模の学術集会であり、大変光栄であると同時に身の引き締まる思いです。
 川崎学園の建学理念は「人間をつくる 体をつくる 学問をきわめる」です。川崎学園の創設者川﨑祐宣先生は、医療を取りまく環境の中で、医の倫理の低下、医学教育の荒廃を痛感し、真に患者のために尽くす有能で人間的に優れた医師を養成するための医科大学創設を思いつくに至りました。この基本的なお考えに基づいた川崎医科大学附属病院の理念の筆頭は「医療は患者さんのためにある」です。当然のことだと思われるかもしれませんが、急速に進歩し複雑化する医療の中で、ややもするとこの当然のことが置き去りにされる場合もあります。患者さんやご家族の目線にたって、すべての職種の医療者が、ただ患者さんのためにと協力し合ってこそ患者さんのためにある医療が成り立つものです。栄養療法は、あらゆる医療分野で治療や支持療法の根幹をなすものですが、NSTはチーム医療の代表であるという認識が必要です。このような観点から、本会のメインテーマは「すべては患者さんのために- All for a patient -」としました。岡山の地で本会を開催する意味は、川﨑祐宣先生の理念を皆で再認識したいというにもあることをご理解いただければ幸いです。
 しかしながら栄養療法は、未だ学術的に十分な根拠に立脚しているとはいいがたいのが現状です。私が長く携わってきた癌・外科治療の分野においてはこの傾向が顕著です。本会を契機に、特に癌治療に関わる栄養学の研究に多くの人が関心を持ち、その進歩に携わって頂くようになることを心から願っています。
 地方都市での開催は、多くの人が懸念を持たれているかと思いますが、ご不便をおかけしないように最大限の努力をするつもりでございます。しかし、本会の盛会を得るためには、みなさまの様々な面でのご支援、ご協力を賜る必要がございます。格別なご高配のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

■副会長挨拶

第32回日本静脈経腸栄養学会学術集会開催にあたって

第32回日本静脈経腸栄養学会副会長
川﨑医療福祉大学 臨床栄養学科 教授 
寺本房子
 この度、第32回日本静脈経腸栄養学会を2017年2月23日(木)・24日(金)の2日間、岡山市において開催させて頂くにあたり、副会長としてその運営に携わる機会を頂くことができ皆様方のご支援に感謝申し上げます。
 今大会のメインテーマは、平井敏弘学会長提案の「医療は患者さんのためにある」を聞いて、改めて臨床栄養学の目的、医療における管理栄養士・栄養士の役割は何かを考える契機となりました。さらに、今回は「がん」にも特化してプログラムを検討しています。「食べることは、生きること」、食(栄養)は生きてゆくうえでの基本となるもので、医療や福祉の場においては、治療や療養の前に、あるいはほぼ同時に食べてもらうこと(栄養を摂ること、体の中に入れること)も必要となります。適正な栄養状態であること、適正栄養量が確保できること、そうあるための方策を提案できることが求められます。臨床栄養学は、医療福祉を勧めてゆくうえで必須のもので、多様化していく人の価値観に沿った「人に優しい栄養学」として、医療福祉における栄養・食事管理に細かく対応できることが、これからの管理栄養士・栄養士に求められます。
 この学会は,多職種協働を見える形にすることができる学術研鑽の場と考えています。今回のプログラムについては、平井敏弘学会長の「チームでの取り組み」を形あるものにという方針から、テーマを評議員・代議員の先生がたからご意見をいただき、準備を進めています。チーム医療をより推進するためのセッションも追加いたしました。日本静脈経腸栄養学会が推進している「NST:医師とメディカルスタッフによる栄養サポート」、ベッドサイド栄養学にむけた研究がさらに発展できればと願っております。
 開催にあたりましては、参加の皆様にご不便をお掛けすることが予測されますが、より満足していただけるよう「おもてなし」の気持ちを持って準備に取り組んでおります。皆様のご参加をお待ち致しております。
ページのトップへ戻る