第26回日本口腔内科学会
第29回日本口腔診断学会 合同学術大会

大会長挨拶

第26回日本口腔内科学会 大会長挨拶

第26回日本口腔内科学会
大会長 佐々木 朗
(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 口腔顎顔面外科学分野 教授)

 このたび、第26回日本口腔内科学会総会・学術大会を平成28年9月23日(金)、24日(土)の2日間、岡山市にて第29回日本口腔診断学会学術大会と合同開催致します。日本口腔内科学会は日本口腔粘膜学会を前身とし、2011年に学会名の変更がなされました。高齢化社会や医療の高度化など国民を取り巻く社会構造は大きく変化してきています。そのため本学会は口腔粘膜疾患のみならず、口腔特有の疾患、全身疾患に関連する顎口腔病変、医科歯科連携における口腔衛生管理に至るまで幅広い領域を扱う学会へと発展してきています。そういった背景ならびに合同学会を意識して、本大会のテーマは「口腔症状から全身を探る」とさせて頂きました。
 特別講演として、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科皮膚科学分野岩月啓氏教授に「口腔・口唇の難治性水疱・潰瘍:診断の進め方と結果の読み方」を、教育講演として、広島大学小川哲次名誉教授に「異文化コミュニケーション的理解に基づく歯科医療面接-関係性構築と医学情報・背景の聴取の先に見えてくるのは?-」を講演して頂く予定にしています。また、合同シンポジウム1では、日本歯科心身医学会との協力企画として「Medically unexplained oral symptomへの口腔内科的アプローチ」を、合同シンポジウム2では、「口腔症状から全身を探る」とさせて頂きました。いずれも日常診療で苦慮することの多い問題です。口腔内科的治療には適切な検査・診断が不可欠であり、日本口腔診断学会との合同学術大会の開催は、診断から治療というシームレスな関係にあるため、口腔症状に対する内科的診断・治療の最前線についての両シンポジウムは両学会員の皆様にも非常に有意義だと思います。教室員一同、充実した学会を目指して準備を進めてまいりますので、ぜひとも口腔疾患に関わる多くの臨床医・研究者の先生にお集まり頂き、活発な議論が交わされる大会になりますようご協力・ご支援を宜しくお願い申し上げます。
 岡山は瀬戸内海に面した温暖な地域にあり、「晴れの国」と言われています。後楽園、倉敷市美観地区をはじめ県全域に観光スポットも多数あります。ぜひ学会のみならず初秋の岡山そして瀬戸内を楽しみにお集まり下さい。

第29回日本口腔診断学会 大会長挨拶

第29回日本口腔診断学会
大会長 浅海 淳一
(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 歯科放射線学分野 教授)

 このたび第29回日本口腔診断学会を第26回日本口内科学会との合同開催で担当させていただくことになりました。
 日本口腔診断学会は1985年に第1回口腔診断研究会が開催され、1988年に口腔診断学会が発足し、第1回日本口腔診断学会が開催されております。以降岡山では1993年に第6回を後楽園近くで、2003年に第16回を駅近くで開催し、私も両学会に参画しております。今回3回目の会を13年ぶりに岡山の地で開催する運びとなりました。今回は、市役所の近くで行います。
 本会は学会設立時より、口腔診断学、オーラルメディシン、歯科放射線学、口腔病理学、臨床検査学など診断に関連する研究者が学会の中心となって進めてまいりました。今回はこれに口腔内科学の内容が加わり、充実した内容になると思います。9月末は、岡山は、比較的いい時期です。また、イオンモールも駅前にできています。是非岡山の地をお楽しみください。