第72回日本栄養・食糧学会大会

プログラム

特別講演

1.「栄養と肥満:腸管の役割」

日時:2018年5月11日(金)14:40〜15:30
会場:岡山コンベンションセンター 講演会場(3F コンベンションホール)

座長:高橋 吉孝(岡山県立大学 保健福祉学部 栄養学科)

演者:稲垣 暢也(京都大学大学院 医学研究科)

2.「人間の栄養に資する植物のミネラル輸送」

日時:2018年5月11日(金)15:30〜16:20
会場:岡山コンベンションセンター 講演会場(3F コンベンションホール)

座長:中村 宜督(岡山大学大学院 環境生命科学研究科)

演者:馬 建鋒(岡山大学 資源植物科学研究所)

3.「日本栄養・食糧学会における医系会員に関する一考察(私見)」

日時:2018年5月12日(土)10:00〜10:50
会場:岡山県立大学 A会場(1F 講堂)

座長:辻 英明(岡山県立大学)

演者:近藤 和雄(東洋大学 食環境科学部 健康栄養学科)

4.「災害救援活動と食糧事情について」

日時:2018年5月12日(土)11:00〜12:00
会場:岡山県立大学 A会場(1F 講堂)

座長:酒井 徹(徳島大学大学院 医歯薬学研究部 実践栄養学分野)

演者:菅波 茂(AMDAグループ代表)

教育講演

1.「研究開発における利益相反(COI)と日本栄養・食糧学会における
COI管理について」

日時:2018年5月11日(金)16:20〜16:40
会場:岡山コンベンションセンター 講演会場(3F コンベンションホール)

座長:松井 徹(京都大学大学院 農学研究科 応用生物科学専攻 動物機能開発学講座)

演者:長岡 利(岐阜大学 応用生物科学部)

2.「凍結含浸法の特徴とそれを応用した新たな機能性食品の作製技術」

日時:2018年5月12日(土)11:00〜11:50
会場:岡山県立大学 F会場(2F 8201)

座長:八木 典子(広島国際大学 医療栄養学部)

演者:坂本 宏司(広島国際大学 医療栄養学部)

3.「高齢者の栄養管理の留意点」

日時:2018年5月12日(土)11:00〜11:50
会場:岡山県立大学 H会場(2F 8206)

座長:阪上 浩(徳島大学大学院 医歯薬学研究部 代謝栄養学分野)

演者:栢下 淳(県立広島大学 人間文化学部 健康科学科)

4.「研究倫理のルール:栄養学研究を正しく行うために」

日時:2018年5月13日(日)13:40〜14:30
会場:岡山県立大学 F会場(2F 8201)

座長:人見 英里(山口県立大学 看護栄養学部 栄養学科)

演者:神里 彩子(東京大学 医科学研究所)

5.「人工知能・機械学習入門」

日時:2018年5月13日(日)13:40〜14:30
会場:岡山県立大学 G会場(2F 8202)

座長:加藤 久典(東京大学大学院 農学生命科学研究科)

演者:瀬々 潤(産業技術総合研究所 人工知能研究センター)

6.「栄養学へのハイドロコロイド的アプローチ
−咀嚼嚥下困難者食の設計、栄養素の利用効率制御−」

日時:2018年5月13日(日)13:40〜14:30
会場:岡山県立大学 H会場(2F 8206)

座長:新田 陽子(岡山県立大学 保健福祉学部 栄養学科)

演者:西成 勝好(湖北工業大学 軽工学部 食品薬品工業学科
G.O.フィリップスハイドロコロイド研究センター)

シンポジウム

国際シンポジウム
“Food regulation and consumer needs in the world”

日時:2018年5月11日(金)16:40〜18:10
会場:岡山コンベンションセンター 講演会場(3F コンベンションホール)

Chairs:
   Hisanori Kato(The University of Tokyo)
   Nobuo Nishi(National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition)

Speakers:
“Opening remarks”
   Hisanori Kato(The University of Tokyo)

“Introduction of IUNS Committee of the Science Council of Japan”
   Makoto Shimizu(Tokyo University of Agriculture)

“Development of database on food regulation in the world”
   Marta Cesar(Food Regulations and Compliance Manager, IFIS, UK)

“Determinants of Asian consumers’ food choices”
   David N Cox(Group Leader, Sensory and behavioural Sciences, CSIRO, Australia)

“Food regulation and food labeling in Japan”
   Jun Takebayashi(National Institutes of Biomedical Innovation,
Health and Nutrition)

共同主催:日本学術会議IUNS分科会、日本栄養改善学会

医学系学会との合同シンポジウム
「内臓脂肪肥満とインスリン抵抗性 −病態生理と栄養学的アプローチ−」

日時:2018年5月12日(土)15:50〜17:50
会場:岡山県立大学 H会場(2F 8206)

座長:吉田 博(東京慈恵会医科大学 臨床検査医学講座)
   宇都宮 一典(東京慈恵会医科大学 糖尿病・代謝・内分泌内科)

演者:
「メタボリックシンドロームとアディポネクチン」
   木原 進士(大阪大学大学院 医学系研究科 生体情報科学)

「腹部脂肪分布様式・異所性脂肪とインスリン抵抗性」
   島袋 充生(福島県立医科大学 糖尿病内分泌代謝内科)

「インスリン抵抗性に対する栄養学的アプローチ」
   合田 敏尚(静岡県立大学 食品栄養科学部)

「食品因子による内臓脂肪・異所性脂肪へのアプローチ」
   太田 嗣人(旭川医科大学 内科学講座・病態代謝内科学分野)

1.「食品成分の物理化学センシングと生理機能」

日時:2018年5月12日(土)13:40〜15:40
会場:岡山県立大学 A会場(1F 講堂)

座長:中村 宜督(岡山大学大学院 環境生命科学研究科)
   室田 佳恵子(島根大学 生物資源科学部 生命科学科)

演者:
「ポリフェノールの渋味受容とその生理的意義」
   石井 剛志(神戸学院大学 栄養学部)

「食品因子による消化管センシングを介した生理発現機構」
   越阪部 奈緒美(芝浦工業大学 システム理工学部 生命科学科)

「TRPチャネルによる食品成分の感知機構」
   富永 真琴(生理学研究所 細胞生理研究部門)

「テクスチャー(食感)の口腔内センシング」
   神山 かおる(農研機構 食品研究部門 食品健康機能研究領域 
食品物理機能ユニット)

2.「世界の健康に貢献する日本食の特徴とは」

日時:2018年5月12日(土)13:40〜15:40
会場:岡山県立大学 F会場(2F 8201)

座長:辻 一郎(東北大学大学院 医学系研究科)
   川上 祐生(岡山県立大学 保健福祉学部 栄養学科)

演者:
「世界の健康に貢献する日本食パターンの評価方法の確立とその応用に関する研究」
   辻 一郎(東北大学大学院 医学系研究科)

「一斉分析手法を用いた健康的日本食の特徴」
   都築 毅(東北大学大学院 農学研究科)

「日本食の特徴を示したインデックススコアの作成について」
   遠又 靖丈(東北大学大学院 医学系研究科 公衆衛生学分野)

「うま味に着目した日本食の特徴と健康価値」
   畝山 寿之(味の素株式会社 グローバルコミュニケーション部)

「腸内細菌叢研究から見た日本人の食生活と健康:
 Asian Microbiome Project の研究成果から」

   中山 二郎(九州大学大学院 農学研究院)

3.「食品香気の機能と役割」

日時:2018年5月12日(土)13:40〜15:40
会場:岡山県立大学 G会場(2F 8202)

座長:林 泰資(ノートルダム清心女子大学 人間生活学部 食品栄養学科)
   山口 正洋(高知大学 医学部 生理学講座(統合生理学))

演者:
「食品のおいしさを決める食品香気」
   坂井 信之(東北大学大学院 文学研究科)

「匂いが食のモチベーションを誘導する神経機構」
   山口 正洋(高知大学 医学部 生理学講座(統合生理学))

「バーチャルリアリティによる食行動と満足感の拡張」
   谷川 智洋(東京大学大学院 情報理工学系研究科)

「酒類の香りの機能性」
   好田 裕史(サントリーグローバルイノベーションセンター株式会社 研究部)

4.「フードポリフェノールの機能開拓」

日時:2018年5月12日(土)13:40〜15:40
会場:岡山県立大学 H会場(2F 8206)

座長:波多野 力(岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科)
   伊東 秀之(岡山県立大学 保健福祉学部 栄養学科)

演者:
「ザクロポリフェノールの化学構造とその抗糖化作用」
   伊東 秀之(岡山県立大学 保健福祉学部 栄養学科)

「ザクロポリフェノールの抗老化効果とその分子基盤」
   片倉 喜範(九州大学大学院 農学研究院)

「カカオポリフェノールの肥満・高血糖予防効果について」
   芦田 均(神戸大学大学院 農学研究科)

「ポリフェノールの吸収代謝」
   夏目 みどり(株式会社明治 技術研究所)

5.「スポーツ栄養の新展開」

日時:2018年5月12日(土)13:40〜15:40
会場:岡山県立大学 K会場(1F 8901)

座長:藤田 聡(立命館大学 スポーツ健康科学部)
   杉浦 克己(立教大学 コミュニティ福祉学部 スポーツウエルネス学科)

演者:
「栄養学研究のデータとスポーツ現場」
   岡村 浩嗣(大阪体育大学大学院 スポーツ科学研究科)

「健康増進に向けた運動実施におけるスポーツ栄養」
   藤田 聡(立命館大学 スポーツ健康科学部)

「ジュニア卓球選手の国際大会における食環境改善への提言」
   木村 典代(高崎健康福祉大学 健康福祉学部 健康栄養学科/
公益社団法人 日本卓球協会 スポーツ医・科学委員会)

「スポーツ食品・サプリメントの現状と未来」
   杉浦 克己(立教大学 コミュニティ福祉学部 スポーツウエルネス学科)

6.「薬理学の視点から栄養学を捉える」

日時:2018年5月12日(土)13:40〜15:40
会場:岡山県立大学 N会場(1F 8904)

座長:入江 康至(岡山県立大学・保健福祉学部・栄養学科)
   大屋 健(独立行政法人国立病院機構 大阪南医療センター 臨床研究部 
内分泌代謝内科)

演者:
「薬理学の視点から栄養学を捉える」
   入江 康至(岡山県立大・保健福祉学部・栄養学科)

「アミノ酸トランスポーターを介した代謝制御と細胞機能制御」
   大垣 隆一(大阪大学大学院 医学系研究科)

「人口甘味料による味覚刺激時のラット脳活動変化について機能的MRIを用いての検討」
   近藤 ゆき子(岩手医科大学 薬理学講座 情報伝達医学分野)

「脂質体内分布と栄養管理・治療介入」
   大屋 健(独立行政法人国立病院機構 大阪南医療センター 臨床研究部 
内分泌代謝内科)

「クローン病患者における栄養状態がインフリキシマブの治療効果に及ぼす影響」
   中島 清一(大阪大学 国際医工情報センター 次世代内視鏡治療学 共同研究部門)

7.「腸内細菌の代謝産物を介した宿主とのインタラクション」

日時:2018年5月12日(土)15:50〜17:50
会場:岡山県立大学 F会場(2F 8201)

座長:西村 直道(静岡大学学術院 農学領域)
   塚原 隆充(栄養・病理学研究所)

演者:
「難消化性糖質の消化管内分泌系への作用」
   比良 徹(北海道大学大学院 農学研究院)

「大腸内短鎖脂肪酸の吸収と代謝 −13C呼気ガス分析法による解析−」
   宮田 富弘(川崎医療福祉大学 医療技術学部 臨床栄養学科)

「腸管内短鎖脂肪酸と腸内細菌との関連性と,吸収後の体内分布」
   塚原 隆充(栄養・病理学研究所)

「大腸水素による生体内レドックス制御とその生理的意義」
   西村 直道(静岡大学学術院 農学領域)

共催:Hindgut Club Japan

8.「発酵食品とその機能性」

日時:2018年5月12日(土)15:50〜17:50
会場:岡山県立大学 G会場(2F 8202)

座長:田中 晃一(岡山県立大学 保健福祉学部 栄養学科)

演者:
「海藻から造る発酵食品−可能性を秘めた発酵食品界の大型新人」
   内田 基晴(国立研究開発法人水産研究・教育機構 瀬戸内海区水産研究所 
生産環境部)

「微生物で原石を磨く −天然に存在しない生理活性天然有機化合物の創生−」
   神崎 浩(岡山大学大学院 環境生命科学研究科)

「ジヒドロフェルラ酸の機能性と乳酸菌による発酵生産」
   三井 亮司(岡山理科大学 理学部 生物化学科)

「モンゴルの馬乳酒アイラグの微生物学的特徴とその生理機能」
   宮本 拓(くらしき作陽大学 食文化学部)

9.「生活習慣病予防とビタミン」

日時:2018年5月12日(土)15:50〜17:50
会場:岡山県立大学 K会場(1F 8901)

座長:渡邉 文雄(鳥取大学 農学部)
   山地 亮一(大阪府立大学大学院 生命環境科学研究科 応用生命科学専攻)

演者:
「熟年から始まるビタミンB12欠乏症の予防」
   渡邉 文雄(鳥取大学 農学部)

「ビタミンCによる肺の生活習慣病、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防」
   石神 昭人(東京都健康長寿医療センター研究所 老化制御研究チーム 分子老化制御)

「レジスタンス運動とビタミンD:サルコペニア予防での役割」
   藤田 聡(立命館大学 スポーツ健康科学部)

「骨格筋におけるプロビタミンAカロテノイドのヘルスベネフィット」
   山地 亮一(大阪府立大学大学院 生命環境科学研究科 応用生命科学専攻)

10.「機能性宇宙食開発の最前線:人類を火星に送るための食材開発」

日時:2018年5月13日(日)9:30〜11:30
会場:岡山県立大学 A会場(1F 講堂)

座長:二川 健(徳島大学 医学部 医科栄養学科)
   河合 慶親(徳島大学大学院 医歯薬学研究部)

演者:
「骨の健康を維持する機能性宇宙食に関する研究」
   石見 佳子(国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 食品保健機能研究部)

「機能性宇宙食への応用を目指した抗酸化食品因子の探索」
   河合 慶親(徳島大学大学院 医歯薬学研究部)

「長期滞在する宇宙飛行士(宇宙人)の主食開発」
   二川 健(徳島大学 医学部 医科栄養学科)

「宇宙と味覚−宇宙環境と味覚嗜好性の関連」
   朝倉 富子(東京大学大学院 農学生命科学研究科)

「宇宙飛行士の健康・栄養管理の実際」
   松本 暁子(宇宙航空研究開発機構 宇宙飛行士・運用管制ユニット)

※このシンポジウムは、宇宙航空科学技術推進委託費「次世代の宇宙栄養学研究者育成のための国際拠点形成」プログラムにより支援されている。

11.「アミノ酸栄養に対するアニマルサイエンスからのアプローチ」

日時:2018年5月13日(日)9:30〜11:30
会場:岡山県立大学 F会場(2F 8201)

座長:勝俣 昌也(麻布大学 獣医学部)
   友永 省三(京都大学大学院 農学研究科 応用生物科学専攻 動物栄養科学分野)

演者:
「アミノ酸栄養に対するアニマルサイエンスからのアプローチ
 −シンポジウム・イントロダクション−」

   勝俣 昌也(麻布大学 獣医学部)

「豚肉生産におけるアミノ酸栄養研究
 −リジン、成長、塩基性アミノ酸トランスポーターについて−」

   石田 藍子(農業・食品産業技術総合研究機構 畜産研究部門 家畜代謝栄養研究領域 
豚代謝栄養ユニット)

「哺乳期の母体と子を守る母乳中アミノ酸代謝について」
   永岡 謙太郎(東京農工大学大学院 農学研究院 獣医生理学研究室)

「うつ病モデル動物の栄養代謝研究 −レジリエンスに関わる分子の探索−」
   豊田 淳(茨城大学 農学部/東京農工大学大学院 連合農学研究科)

共催:日本アミノ酸学会

12.「油脂の健康機能と脂肪酸代謝に関する最近の話題」

日時:2018年5月13日(日)9:30〜11:30
会場:岡山県立大学 G会場(2F 8202)

座長:池田 郁男(東北大学大学院 農学研究科)
   仲川 清隆(東北大学大学院 農学研究科 機能分子解析学分野)

演者:
「中鎖脂肪酸と健康機能」
   笠井 通雄(日清オイリオグループ株式会社 中央研究所)

「加齢に伴う長鎖高度不飽和脂肪酸の生合成能と脳機能の低下」
   金田 喜久(サントリーウエルネス株式会社 健康科学研究所)

「多価不飽和脂肪酸が肝臓の脂肪酸代謝に与える影響
 −γ-リノレン酸の作用と動物種による応答性の違い」

   井手 隆(十文字学園女子大学 食物栄養学科)

「等カロリー条件下での食事脂肪の量と質がエネルギー代謝及び内臓脂肪蓄積に
 及ぼす影響 −ラットおよびマウスでの検討−」

   池田 郁男(東北大学大学院 農学研究科)

共催:油脂・コレステロール研究会

13.「エネルギー代謝と寿命延伸」

日時:2018年5月13日(日)9:30〜11:30
会場:岡山県立大学 H会場(2F 8206)

座長:山下 広美(岡山県立大学 保健福祉学部 栄養学科)
   後藤 剛(京都大学大学院 農学研究科/京都大学 学際教育研究推進センター)

演者:
「食品成分による褐色脂肪組織機能調節とそのメカニズムの解析」
   後藤 剛(京都大学大学院 農学研究科/京都大学 学際教育研究推進センター)

「エネルギー代謝におけるアンドロゲンシグナリングと食餌のクロストーク」
   原田 直樹(大阪府立大学大学院 生命環境科学研究科)

「脱アシル化酵素SIRT7によるエネルギー代謝制御」
   吉澤 達也(熊本大学大学院 生命科学研究部 病態生化学分野)

「RNAメチル化修飾による寿命制御メカニズム」
   大徳 浩照(筑波大学 生命領域学際研究センター)

14.「栄養素輸送体と疾患:病態解明から薬物・食事療法への展開」

日時:2018年5月13日(日)9:30〜11:30
会場:岡山県立大学 K会場(1F 8901)

座長:瀬川 博子(徳島大学大学院 医歯薬学研究部 栄養科学部門 分子栄養学)
   神戸 大朋(京都大学大学院 生命科学研究科)

演者:
「小腸Na代謝とNa依存性グルコース吸収機構」
   林 久由(静岡県立大学 食品栄養科学部 生理学研究室)

「亜鉛の吸収を調節するメカニズム:亜鉛輸送体の巧妙な発現制御」
   神戸 大朋(京都大学大学院 生命科学研究科)

「脂質トランスポーターと病態・薬物治療」
   高田 龍平(東京大学医学部附属病院 薬剤部)

「尿酸輸送体と痛風・高尿酸血症および低尿酸血症」
   松尾 洋孝(防衛医科大学校 分子生体制御学講座)

15.「運動器に働きかける食品成分
−メタボリックシンドローム・ロコモティブシンドロームの予防を目指して−」

日時:2018年5月13日(日)14:40〜16:40
会場:岡山県立大学 F会場(2F 8201)

座長:井上 順(東京大学大学院 農学生命科学研究科 応用生命化学専攻 食品生化学)
   岸田 太郎(愛媛大学大学院 農学研究科 生命機能学専攻 栄養科学)

演者:
「骨格筋機能と食品成分」
   佐藤 隆一郎(東京大学大学院 農学生命科学研究科)

「癌カヘキシアによる筋萎縮に有効な食材の開発」
   二川 健(徳島大学 医学部 医科栄養学科)

「オリーブ果実エキスによる身体ロコモーション改善」
   岡田 晋治(東京大学大学院 農学生命科学研究科)

「スケソウダラタンパク質摂取は骨格筋を増加する」
   藤谷 美菜(愛媛大学大学院 農学研究科)

16.「腸内細菌-宿主のクロストークとそれを修飾する食餌要因」

日時:2018年5月13日(日)14:40〜16:40
会場:岡山県立大学 G会場(2F 8202)

座長:園山 慶(北海道大学大学院 農学研究院)
   森田 達也(静岡大学 学術院)

演者:
「腸腎連関と食物繊維 −腸管バリアとの関わり−」
   鈴木 卓弥(広島大学大学院 生物圏科学研究科)

「宿主−腸内細菌の相利共生関係を支えるムチン」
   森田 達也(静岡大学 学術院)

「自己免疫疾患の発症を制御する短鎖脂肪酸」
   長谷 耕二(慶應義塾大学 薬学部)

「腸内細菌の健康機能を媒介する細胞外小胞」
   園山 慶(北海道大学大学院 農学研究院)

17.「代謝破綻と疾患」

日時:2018年5月13日(日)14:40〜16:40
会場:岡山県立大学 H会場(2F 8206)

座長:阪上 浩(徳島大学大学院 医歯薬学研究部 代謝栄養学分野)
   和田 淳(岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 腎・免疫・内分泌代謝内科学)

演者:
「腫瘍微小環境の代謝改変とがん免疫治療への応用」
   鵜殿 平一郎(岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 免疫学分野)

「重症患者におけるエネルギー代謝破綻」
   堤 理恵(徳島大学大学院 代謝栄養学分野)

「心血管疾患での代謝破綻:代謝と心不全」
   真鍋 一郎(千葉大学大学院 医学研究院)

「脂肪細胞のインスリン抵抗性による代謝破綻のメカニズム」
   小川 渉(神戸大学大学院 医学研究科)

18.「グローバル時代の食の安全:日本の食品は本当に安全なのか」

日時:2018年5月13日(日)14:40〜16:40
会場:岡山県立大学 K会場(1F 8901)

座長:太田 英明(中村学園大学大学院 栄養科学研究科)
   渡邊 浩幸(高知県立大学 健康栄養学部)

演者:
「国内HACCPと国際的に利用される食品安全規格」
   宮澤 公栄(エコア株式会社)

「食品安全に係る世界の動向と日本における食品安全マネジメントの取組」
   横田 美香(農林水産省 食料産業局 食品製造課 食品企業行動室)

「日本発の食品安全マネジメント規格の概要 〜規格を有効に活用するために〜」
   亀山 嘉和(一般財団法人 食品安全マネジメント協会 事務局)

ランチョンセミナー

1.「クロレラの新たな可能性」

日時:2018年5月12日(土)12:20〜13:20
会場:岡山県立大学 C会場(1F 8103)

座長:竹腰 英夫(株式会社サン・クロレラ 生産開発部 研究開発グループ 担当部長)

演者:渡邉 文雄(鳥取大学 農学部 生命環境農学科 教授)

共催:株式会社サン・クロレラ

2.「食事からのロコモ予防 −白身魚の可能性−」

日時:2018年5月12日(土)12:20〜13:20
会場:岡山県立大学 E会場(1F 8105)

座長:岡田 晋治(東京大学大学院 農学生命科学研究科 ILSI Japan寄付講座 
「機能性食品ゲノミクス」 特任准教授)

演者:岸田 太郎(愛媛大学大学院 農学研究科 生命機能学専攻 応用生命化学コース 
栄養科学教育分野 教授)

共催:日本水産株式会社

3.「乳酸菌Lactobacillus kunkeei YB38物語
~ミツバチおよびミツバチ産品からの乳酸菌単離とその有効性の検討~」

日時:2018年5月12日(土)12:20〜13:20
会場:岡山県立大学 F会場(2F 8201)

座長:辨野 義己(国立開発法人理化学研究所 イノベーション推進センター 
辨野特別研究室)

演者:浅間 孝志(株式会社山田養蜂場本社 みつばち健康科学研究所)

共催:株式会社山田養蜂場本社

4.「運動による筋肉の代謝活性化スイッチの発見:
遺伝子改変マウスのメタボローム解析」

日時:2018年5月12日(土)12:20〜13:20
会場:岡山県立大学 G会場(2F 8202)

座長:加藤 久典(東京大学大学院 農学生命科学研究科 特任教授)

演者:亀井 康富(京都府立大学 生命環境科学研究科)

共催:ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ株式会社

5.「運動によるフレイル予防の最前線 ~理論と実践法の紹介~」

日時:2018年5月12日(土)12:20〜13:20
会場:岡山県立大学 H会場(2F 8206)

座長:阿部 啓子(東京大学大学院 農学生命科学研究科 特任教授)

演者:大藏 倫博(筑波大学 体育系 准教授)

共催:日本製粉株式会社

6.「ゼロカロリー甘味料D-Alluloseの新たな作用機構
−消化管ホルモンと神経を介した満腹感と糖代謝の調節作用−」

日時:2018年5月12日(土)12:20〜13:20
会場:岡山県立大学 K会場(1F 8901)

座長:永田 保夫(長崎大学 客員教授)

演者:岩﨑 有作(京都府立大学 生命環境学部 教授)

共催:松谷化学工業株式会社

7.「プロバイオティクス乳酸菌の感染症予防効果と老化抑制作用
Lactobacillus gasseri SBT2055株(ガセリ菌SP株)による
ウイルス増殖抑制と寿命延長効果について~」

日時:2018年5月12日(土)12:20〜13:20
会場:岡山県立大学 M会場(1F 8903)

座長:西平 順(北海道情報大学 副学長)

演者:宮崎 忠昭(北海道大学 遺伝子病制御研究所 
プロバイオティクス・イムノロジー研究部門 特任教授)

共催:雪印メグミルク株式会社

8.「低価格米粉の製造方法の確立および県大米粉麺の開発」

日時:2018年5月12日(土)12:20〜13:20
会場:岡山県立大学 N会場(1F 8904)

座長:三宅 昇(公益財団法人 岡山県産業振興財団 理事長)

演者:北川 昌昭(株式会社ケイワイノベーション 代表取締役)
   新田 陽子(岡山県立大学 保健福祉学部 栄養学科 准教授)

共催:岡山県新規需要米生麺協同組合

9.「瀬戸内海の養殖マガキの栄養と特徴」

日時:2018年5月13日(日)12:20〜13:20
会場:岡山県立大学 E会場(1F 8105)

座長:橋爪 敦哉(H&W株式会社 代表取締役CEO)

演者:山下 広美(岡山県立大学 保健福祉学部 栄養学科)
   花田 恭孝(株式会社マルト水産 取締役副社長)

共催:株式会社マルト水産

10.「プレバイオティクスの重要性 ~ケストースの多様な機能性~」

日時:2018年5月13日(日)12:20〜13:20
会場:岡山県立大学 F会場(2F 8201)

座長:中村 圭伸(物産フードサイエンス株式会社 研究開発センター センター長)

演者:
1.「ケストースとは何か? 〜機能性食品における新たな未来価値の提案〜」
   栃尾 巧(物産フードサイエンス株式会社 研究開発センター 課長)

2.「機能性素材としてのプレバイオティクスの可能性
〜ケストースの多様な機能性の紹介〜」

   古賀 泰裕(東海大学 医学部 客員教授)

共催:物産フードサイエンス株式会社

11.「おいしさと健康増進を兼備した宅配弁当を目指して」

日時:2018年5月13日(日)12:20〜13:20
会場:岡山県立大学 G会場(2F 8202)

座長:吉川 博之(片山工業株式会社 執行役員)

演者:
1.「おもいやりサービス誕生秘話」
   片山 昌之(片山工業株式会社 代表取締役社長)

2.「手づくり、ヘルシーな食の提案」
   本郷 由佳(片山工業株式会社 おもいやりサービス部 管理栄養士)

3.「お弁当をつくる工程の動作研究」
   奥山 勝史(片山工業株式会社 おもいやりサービス部 ディビジョンマネージャー)

4.「給食経営管理の視点からみた宅配弁当の品質評価」
   田淵 真愉美(岡山県立大学 保健福祉学部 栄養学科 准教授)

共催:片山工業株式会社

12.「トレハロースが拓く食の未来」

日時:2018年5月13日(日)12:20〜13:20
会場:岡山県立大学 H会場(2F 8206)

演者:
1.「高齢社会を支えるトレハロースの食品開発最前線」
   丸田 和彦(株式会社林原 販売促進部)

2.「長時間運動中のトレハロース単回摂取が運動終盤における運動パフォーマンスに
及ぼす影響」

   弘原海 剛(関西大学 人間健康学部 人間健康学科 教授)

共催:株式会社林原

13.「コーヒーと肝臓の健康」

日時:2018年5月13日(日)12:20〜13:20
会場:岡山県立大学 K会場(1F 8901)

座長:近藤 和雄(東洋大学 食環境科学部 健康栄養学科 教授)

演者:板倉 弘重(品川イーストワンメディカルクリニック 理事長)

共催:ネスレ日本株式会社

14.「今注目される腸内フローラとビフィズス菌」

日時:2018年5月13日(日)12:20〜13:20
会場:岡山県立大学 N会場(1F 8904)

座長:加藤 久典(東京大学大学院 農学生命科学研究科 応用生命化学専攻)

演者:
1.「腸内フローラと健康」
   岩淵 紀介(森永乳業株式会社 研究本部 素材応用研究所)

2.「腸内フローラにおけるビフィズス菌の役割」
   村田 麻衣(森永乳業株式会社 研究本部 素材応用研究所)

共催:森永乳業株式会社

市民公開講座

「美味しく食べて、健康でいきいき楽しく生きる-健康・長寿のためのごはん-」

日時:2018年5月13日(日)13:30〜15:30
会場:岡山県立大学 A会場(1F 講堂)

座長:川上 貴代(岡山県立大学保健福祉学部)

演者:
「高齢社会の栄養と健康」
   中村 丁次(神奈川県立保健福祉大学)

「いきいき健康長寿の食事」
   金子 康彦(国立病院機構三重中央医療センター統括診療部内科系診療部内科
栄養管理室)

「すぐに実践できる やさしい乳和食レシピ」
   小山 浩子(株式会社Studio165 料理家・管理栄養士)