プログラム
日程表 (PDF)
プログラム (PDF)

学会賞記念講演

9月30日(土)10:10~11:00
第1会場(2F ダイヤモンドルームA)

 座長:坪井 良治(東京医科大学 皮膚科)

「マラセチア属真菌が関わる皮膚疾患の病態の解明、診断、治療、疫学に関わる包括的研究」
 演者:清 佳浩(帝京大学溝口病院 皮膚科)

「深在性真菌症に関する病理学的研究」
 演者:澁谷 和俊(東邦大学医学部 病院病理学講座)

招請講演

10月1日(日)10:50~11:50
第1会場(2F ダイヤモンドルームA)

「Molecular Epidemiologic Surveys:
 Gaining Insight on Dermatophytes and their Hosts.」

 座長:望月 隆(金沢医科大学医学部 皮膚科学講座)
 演者:Susan M. Abdel-Rahman
   (Professor of Pediatrics at UMKC-School of Medicine,
    Chief of the Section of Therapeutic Innovation at Children’s Mercy in Kansas City)

会長講演

9月30日(土)11:00~11:20
第1会場(2F ダイヤモンドルームA)

「皮膚真菌症原因菌の分子疫学」
 座長:渡辺 晋一(帝京大学医真菌研究センター)
 演者:望月 隆(金沢医科大学医学部 皮膚科学講座)

特別講演

9月30日(土)13:00~14:00
第1会場(2F ダイヤモンドルームA)

「日本の有用カビ(コウジカビ)と中国の有用カビ(クモノスカビ)はこんなに違う」
 座長:石崎 宏(金沢医科大学 皮膚科学講座 名誉教授)
 演者:小泉 武夫(石川県立大学 客員教授)

教育講演1

9月30日(土)11:20~11:50
第2会場(2F ダイヤモンドルームB)

「なぜ、皮膚に微生物が存在するのか -皮膚マイクロバイオームの破綻と再構築-」
 座長:槇村 浩一(帝京大学医療共通教育研究センター)
 演者:杉田 隆(明治薬科大学 微生物学)

教育講演2

9月30日(土)15:30~16:00
第2会場(2F ダイヤモンドルームB)

「輸入真菌症」
 座長:澁谷 和俊(東邦大学医学部 病院病理学講座)
 演者:亀井 克彦(千葉大学真菌医学研究センター 臨床感染症分野)

教育講演3

9月30日(土)16:00~16:30
第2会場(2F ダイヤモンドルームB)

「アレルギー性呼吸器疾患における糸状担子菌の重要性」
 座長:飯沼 由嗣(金沢医科大学 臨床感染症学感染症科)
 演者:小川 晴彦(石川県済生会金沢病院 内科)

教育講演4

9月30日(土)16:30~17:00
第2会場(2F ダイヤモンドルームB)

「忘れられた真菌たち」
 座長:西本 勝太郎(長崎掖済会病院 皮膚科)
 演者:槇村 浩一(帝京大学医療共通教育研究センター)

教育講演5

9月30日(土)17:00~17:30
第2会場(2F ダイヤモンドルームB)

「毒のあるキノコ」
 座長:矢口 貴志(千葉大学真菌医学研究センター)
 演者:橋本 貴美子(東京農業大学生命科学部 分子生命化学科)

教育講演6

10月1日(日)14:10~14:40
第2会場(2F ダイヤモンドルームB)

「中枢神経系真菌症の病理」
 座長:木村 雅友(近畿大学医学部 病理学講座)
 演者:伊藤 誠(刈谷豊田総合病院 病理診断科)

教育講演7

10月1日(日)14:40~15:10
第2会場(2F ダイヤモンドルームB)

「血液領域における深在性真菌症の診断と治療」
 座長:三鴨 廣繁(愛知医科大学大学院医学研究科 臨床感染症学)
 演者:高田 徹(福岡大学病院 感染制御部、腫瘍血液感染症内科)

シンポジウム1

9月30日(土)14:10~15:30
第1会場(2F ダイヤモンドルームA)

「真菌のゲノムと分類・同定のFronts」

 座長:矢口 貴志(千葉大学真菌医学研究センター)

Trichosporon属および関連真菌のゲノム分類」
 演者:高島 昌子(理化学研究所バイオリソースセンター微生物材料開発室)

Cryptococcus neoformans /C. gattiiの新分類をめぐる諸問題」
 演者:杉田 隆(明治薬科大学 微生物学研究室/理研バイオリソースセンター)

「真菌のゲノム情報からChemotaxonomyを考える」
 演者:萩原 大祐(千葉大学真菌医学研究センター 臨床感染症分野)

シンポジウム2

9月30日(土)16:10~17:30
第1会場(2F ダイヤモンドルームA)

「深在性真菌症の診断のFronts」

 座長:宮﨑 義継(国立感染症研究所 真菌部)

「アスペルギルス症」
 演者:山越 智(国立感染症研究所 真菌部)

「ムーコル症の血清診断法開発の試み」
 演者:掛屋 弘(大阪市立大学大学院医学研究科 臨床感染制御学)

「真菌と生体との可視化された接点『フロント』」
 演者:澁谷 和俊(東邦大学医学部 病院病理学講座)

シンポジウム3

9月30日(土)14:10~15:30
第2会場(2F ダイヤモンドルームB)

「動物とヒトの真菌症のFronts」

 座長:佐野 文子(琉球大学農学部 亜熱帯地域農学科動物生産科学分野家畜衛生学講座)

「絶滅が危惧されるニワトリ由来のヒトと動物の共通真菌症」
 演者:山口 さやか(琉球大学医学部附属病院 皮膚科)

「ネコおよびイヌにおける近年の皮膚糸状菌症の疫学調査」
 演者:山田 茂夫(山田動物病院)

「動物からヒトに感染する皮膚糸状菌症」
 演者:高橋 一朗(北見赤十字病院 皮膚科)

「ロボミコーシスからラカジオーシス,そしてクジラ型パラコクシジオイデス症へ」
 演者:植田 啓一(沖縄美ら島財団総合研究センター動物研究室)

シンポジウム4

10月1日(日)9:30~10:50
第1会場(2F ダイヤモンドルームA)

「皮膚真菌症の疫学の動向」

 座長:清 佳浩(帝京大学医学部附属溝口病院 皮膚科)
    福田 知雄(埼玉医科大学総合医療センター 皮膚科)

「真菌症の疫学」
 演者:清 佳浩(帝京大学医学部附属溝口病院 皮膚科)

「表在性皮膚真菌症の疫学」
 演者:佐藤 友隆(北里大学北里研究所病院)

「深在性真菌症の疫学」
 演者:竹中 基(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 皮膚病態学分野)

「皮膚真菌症の分子疫学的検討」
 演者:竹田 公信(金沢医科大学 皮膚科)

シンポジウム5

10月1日(日)14:10~15:30
第1会場(2F ダイヤモンドルームA)

「皮膚と真菌のFrontsを探る」

 座長:坪井 良治(東京医科大学 皮膚科)

「皮膚真菌症をめぐる免疫について」
 演者:多田 弥生(帝京大学医学部 皮膚科学講座)

「マウスを用いた表在性白癬菌炎症モデルとその応用」
 演者:中村 知矢(株式会社池田模範堂研究所 薬理グループ/金沢医科大学 皮膚科)

「真菌と皮膚の接点を観る」
 演者:山田 七子(鳥取大学医学部 皮膚病態学/鳥取大学医学部附属病院 卒後臨床研修センター)

「ヒト皮膚の真菌マイクロバイオーム ―真菌と細菌の相互作用―」
 演者:張 音実(明治薬科大学 微生物学)

シンポジウム6

10月1日(日)9:30~10:50
第2会場(2F ダイヤモンドルームB)

「アスペルギルス研究の最前線~基礎から臨床まで~」

 座長:泉川 公一(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 臨床感染症学分野)

「造血器悪性腫瘍治療におけるアスペルギルス症の予防」
 演者:加藤 光次(九州大学病院 血液・腫瘍・心血管内科)

「アスペルギルス症診断の最前線~基礎から臨床まで~」
 演者:田代 将人(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 臨床感染症学分野/
          長崎大学病院 感染制御教育センター)

「侵襲性アスペルギルス症:治療の最前線」
 演者:荒岡 秀樹(国家公務員共済組合連合会虎の門病院 臨床感染症科)

「薬剤耐性の最前線」
 演者:萩原 大祐(千葉大学真菌医学研究センター 臨床感染症分野)

薬剤師セッション

10月1日(日)15:10~16:30
第2会場(2F ダイヤモンドルームB)

「皮膚真菌症の治療のFronts」

 座長:清 佳浩(帝京大学医学部附属溝口病院 皮膚科)
    大野 尚仁(東京薬科大学薬学部 免疫学教室)

「皮膚真菌症の臨床」
 演者:清 佳浩(帝京大学医学部附属溝口病院 皮膚科)

「内服療法の適応と留意点」
 演者:畑 康樹(済生会横浜市東部病院 皮膚科)

「外用抗真菌剤の特性」
 演者:福田 知雄(埼玉医科大学総合医療センター 皮膚科)

「外用指導をどう行うか」
 演者:常深 祐一郎(東京女子医科大学 皮膚科)

臨床検査技師セッション

10月1日(日)15:10~16:30
第3会場(2F ダイヤモンドルームC)

「皮膚真菌症の診断のFronts」

 座長:五十棲 健(東京警察病院 皮膚科)
    篠﨑 稔(東邦大学医学部 病院病理学講座)

「皮膚真菌症の臨床」
 演者:五十棲 健(東京警察病院 皮膚科)

「KOH法の実際」
 演者:藤広 満智子(岐阜県厚生連揖斐厚生病院 皮膚科)

「原因菌の同定と分子生物学の適応」
 演者:安澤 数史(金沢医科大学 皮膚科学講座)

「病理検査領域におけるホルマリン固定パラフィン包埋試料を用いた真菌症診断について」
 演者:篠﨑 稔(東邦大学医学部 病院病理学講座)

ICD講習会

10月1日(日)16:00~17:30
第1会場(2F ダイヤモンドルームA)

「院内感染対策と真菌症」

 座長:吉田 耕一郎(近畿大学医学部附属病院 安全管理部感染対策室)

「カンジダ症の感染制御」
 演者:飯沼 由嗣(金沢医科大学 臨床感染症学)

「肺真菌症の感染制御」
 演者:山本 善裕(富山大学附属病院 感染症科)

「皮膚科領域の真菌症対策」
 演者:加藤 卓朗(まるやま皮膚科クリニック)

ランチョンセミナー1

9月30日(土)12:00~12:50
第1会場(2F ダイヤモンドルームA)

「新しい爪白癬の治療と今後の展望」

 座長:坪井 良治(東京医科大学 皮膚科学)

「爪白癬の診断と治療:クレナフィン爪外用液とレーザー治療を中心として」
 演者:木村 有太子(順天堂大学医学部附属浦安病院 皮膚科)

「診療所における爪白癬治療の展望」
 演者:楠原 正洋(楠原皮膚科医院)

共催:科研製薬株式会社

ランチョンセミナー2

9月30日(土)12:00~12:50
第2会場(2F ダイヤモンドルームB)

「血液領域における真菌感染対策~current status and emerging issue~」
 座長:吉田 稔(帝京大学医学部附属溝口病院 第四内科)
 演者:森 有紀(国家公務員共済組合連合会虎の門病院)

共催:アステラス製薬株式会社

ランチョンセミナー3

10月1日(日)12:00~12:50
第1会場(2F ダイヤモンドルームA)

「変わりゆく真菌症-我々は追いつけるのか」
 座長:二木 芳人(昭和大学医学部 内科学講座 臨床感染症学部門)
 演者:亀井 克彦(千葉大学真菌医学研究センター 臨床感染症分野)

共催:MSD株式会社

ランチョンセミナー4

10月1日(日)12:00~12:50
第2会場(2F ダイヤモンドルームB)

「専門家ならではの足白癬・爪白癬治療」
 座長:比留間 政太郎(お茶の水真菌アレルギー研究所)
 演者:常深 祐一郎(東京女子医科大学 皮膚科学教室)

共催:マルホ株式会社

イブニングセミナー1

9月30日(土)18:00~18:50
第1会場(2F ダイヤモンドルームA)

「アスペルギルス症との闘い」

 座長:泉川 公一(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 臨床感染症学分野)

「慢性肺アスペルギルス症のマネジメント」
 演者:宮崎 泰可(長崎大学病院 呼吸器内科(第二内科)/
          長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 臨床感染症学分野)

「血液領域の深在性真菌症 ~ 最適な真菌感染症診療の確立を目指して ~」
 演者:木村 俊一(自治医科大学附属さいたま医療センター 血液科)

共催:ファイザー株式会社

イブニングセミナー2

9月30日(土)18:00~18:50
第2会場(2F ダイヤモンドルームB)

「爪白癬治療を探求する」

 座長:清 佳浩(帝京大学医学部附属溝口病院 皮膚科)

「白癬の疫学調査と高齢者施設における足、爪白癬について」
 演者:渡邉 晴二(金沢医科大学氷見市民病院 皮膚科)

「八幡病院における外用爪白癬治療薬の使用経験―治療効果—爪甲混濁率の推移の検討―」
 演者:前田 学(新生会八幡病院 皮膚科)

共催:株式会社ポーラファルマ/佐藤製薬株式会社

モーニングセミナー1

10月1日(日)8:30~9:20
第1会場(2F ダイヤモンドルームA)

「皮膚真菌症のFrontsを拡げよう」

 座長:福田 知雄(埼玉医科大学総合医療センター 皮膚科)

「プロトテカ症-微細藻類による感染-」
 演者:加納 塁(日本大学 獣医臨床病理学研究室)

「深在性皮膚真菌症の臨床的概要」
 演者:松田 哲男(松田ひふ科医院・九州大学医学部 皮膚科)

共催:大鵬薬品工業株式会社

モーニングセミナー2

10月1日(日)8:30~9:20
第2会場(2F ダイヤモンドルームB)

「抗真菌薬の適正使用について考える」
 座長:迎 寛(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 呼吸器内科学分野(第二内科))
 演者:宮崎 泰可(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 臨床感染症学分野)

共催:大日本住友製薬株式会社

ページのトップへ戻る