会長挨拶

第56回日本血液学会中国四国地方会
会長 谷本 光音
(岡山大学名誉教授)

 この度、第56回日本血液学会中国四国地方会を、平成29年3月11日(土)、岡山コンベンションセンターにて開催するにあたり、会員の皆様にご挨拶を申し上げます。
 まずは伝統ある本会を開催させていただくことを、大変光栄に存じております。日本血液学会では、近年とくに地方会の活性化を目的とした学会運営を行っています。さらに、本会の特色としては、経験豊富な先生方の貴重なご研究を提示いただくとともに、研修医を含む若手医師による発表や、活発な議論等があげられます。また、地方会の特徴としては、久々に会う会員と日頃の臨床を語り合う場であると同時に、日頃から顔を合わせる機会の多い先生方同士の自由闊達な討議の場でもあるかと存じます。
 今回も症例・臨床研究などの一般演題の発表を中心に進めてまいります。また、多くの若い先生方にご発表いただき、特に活発な議論をお願い申し上げます。また、今回も「若手奨励賞」を設けることにいたしました。多くの若手医師、研修医の先生方のお申込みをお待ちしています。
 さらに、特別講演では岡山大学 吉野正先生にリンパ腫診断についての最新情報をお話しいただきます。さらに教育講演では徳島県立中央病院 尾崎修治先生に多発性骨髄腫の治療についてこれも最新の考え方をご講演いただきます。このように中国四国の血液をリードする先生方の講演を通じて、皆様の今後の診療に少しでもお役にたてれば企画したものとして幸いであります。
 仲春の岡山は、「晴れの国」の名に相応しく温和で爽快な季節です。日本三名園の一つでもある岡山後楽園では梅の花が見ごろとなり、香りを楽しんでいただけるかと存じます。お時間が許せば、ぜひお立ち寄りください。
 多くの皆様方のご参加を、主催者一同、心よりお待ち申し上げております。