演題登録

演題募集期間

2017年2月1日(水)~3月8日(水) 締め切りました


応募方法

本ホームページより、オンライン登録を用いた応募となります。
ページ下部の新規演題登録ボタンより、ご登録ください。
※演題名・抄録本文の合計で896文字以内でご登録ください。

注意!
演題募集期間終了後に、演題の登録・修正・削除の操作は一切できませんので、ご注意ください。


公募内容

ワークショップ「消化管癌診療の新展開~新しい試み~」

近年の消化器癌に対する診断・治療の進歩はめざましく,各臓器において様々な試みが行われている。本ワークショップでは,中国地方における消化管(咽頭・食道・胃・小腸・大腸)癌の診療に焦点を絞り,診療および研究(基礎および臨床)における『新しい試み』を報告いただき,現状での課題や将来展望について議論したい。なお,すでに確立した診断・治療法に関するデータのまとめではなく,予防医学,スクリーニング,画像診断,内視鏡治療,内視鏡手術,外科手術,再生医療,遺伝子治療,薬物療法など幅広い観点から,『新しい試み』としてのオリジナリティーのある発表を希望する。
 ※1演題につき演者は5名までの登録となります。


一般演題

非会員の方も発表可能ですので、奮ってご応募ください。


中国支部 研修医奨励賞 [消化器病学会](※)

卒後2年目までの初期研修医のうち、優秀演題に賞が授与されます。


中国支部 専修医奨励賞(※)

初期研修終了後3年以内(卒後3-5年迄)の専修医のうち、優秀演題に賞が授与されます。

※研修医奨励賞および専修医奨励賞とも、演題申し込みは各施設・各診療科から1演題までに限定させていただきます。
※研修医奨励賞および専修医奨励賞の応募が多数の場合は、一般演題に変更させていただく場合がありますので、あらかじめご了承の上、ご応募ください。


初期研修医の参加について

※卒後2年目までの初期研修医の参加費は無料となります。各支部ホームページより研修医証明書をダウンロードいただき、必要事項をご記入の上、学会当日に受付へご提出ください。


COI(conflict of interest:利益相反)について

本学会の利益相反に関する自己申告は、「医学研究の利益相反に関する指針および細則」に則り行って下さい。
なお、指針および細則は、2015年9月に一部改訂となり(2016年1月より施行)、申告すべき申告基準額や申告対象(筆頭発表者のみから共同演者も含むに)が変更となりましたのでご注意下さい。
今回、演題をご登録いただくにあたり、その演題の内容に関連して利益相反が生じる場合には、演題登録後、演題募集締切1週間以内に下記 日本消化器病学会HPのCOI申告フォームにご入力いただき、ご申告頂きますようお願い申し上げます。
日本消化器病学会ホームページ

演題登録時に、利益相反の有無についての確認がございます。
採択通知後、日本消化器病学会より利益相反についてご案内いたします。


応募ボタン

応募演題を受領しましたら、システムから自動的にメールが送信されます。メールが届かない場合は、ご登録いただいたメールアドレスが間違っている可能性がありますので、演題登録修正の要領で、登録内容をご確認のうえご修正ください。


演題募集に関するお問い合わせ

第107回日本消化器病学会中国支部例会 運営事務局
株式会社メッド 担当:馬場、高橋
〒701-0114 岡山県倉敷市松島1075-3
TEL:086-463-5344 FAX:086-463-5345
E-mail:jsge-ch107@med-gakkai.org