第106回日本消化器病学会中国支部例会
第117回日本消化器内視鏡学会中国支部例会

演題募集(採択結果)

第106回日本消化器病学会中国支部例会

第117回日本消化器内視鏡学会中国支部例会


演題募集期間

2016年7月6日(水)~ 8月10日(水)正午 締め切りました

応募方法

本ホームページより、オンライン登録を用いた応募となります。
消化器病学会・内視鏡学会で登録ボタンが異なりますので、ページ下部のそれぞれの新規演題登録ボタンより、ご登録ください。

※注意
演題募集期間終了後に、演題の登録・修正・削除の操作は一切できませんので、ご注意ください。

公募内容

◆ワークショップ[消化器病学会]
「消化器腫瘍に対する新たな挑戦」
消化管、肝臓、胆・膵領域の腫瘍性疾患に対して予防医学、低侵襲治療、再生医療、遺伝子治療などの観点から今後に繋がる新たな診断方法、治療方法について、すでに保険収載を得ているもの、高度先進医療や医師主導治験として臨床実施しているものから、臨床を見据えた基礎研究も含めた新たな取り組みについて多数の演題のご応募をお願いいたします。
※1演題につき演者は5名までの登録となります。

◆ワークショップ[内視鏡学会]
「中国地方における酸関連食道疾患:現況と今後の展望 ― 運動機能異常も含めて―」
高齢化、食生活の欧米化やピロリ菌陰性化時代の到来を迎え、消化管にも様々な変化がみられています。そこで今回のテーマは、GERD、バレット食道、食道胃接合部腺癌(食道腺癌含む)、好酸球性食道炎、さらには食道アカラシアなど「酸関連食道疾患」としました。これら疾患の疫学、病態、診断、治療について現況と今後の展望について幅広く演題を募集いたします。
※1演題につき演者は5名までの登録となります。

◆一般演題 [消化器病学会] [内視鏡学会]

◆中国支部 研修医奨励賞 [消化器病学会] [内視鏡学会] ※
卒後2年目までの初期研修医のうち、優秀演題に賞が授与されます。

◆中国支部 専修医奨励賞 [消化器病学会] [内視鏡学会] ※
初期研修医終了後3年以内(卒後3~5年迄)の専修医(後期研修医)のうち、優秀演題に賞が授与されます。

※研修医奨励賞および専修医奨励賞とも、演題申し込みは各施設・各診療科から1演題までに限定させていただきます。
※研修医奨励賞および専修医奨励賞の応募が多数の場合は、一般演題に変更させていただく場合がありますので、あらかじめご了承の上、ご応募ください。

初期研修医の参加について

卒後2年目までの初期研修医の参加費は無料となります。各支部ホームページより研修医証明書をダウンロードいただき、必要事項をご記入の上、学会当日に受付へご提出ください。
日本消化器病学会中国支部
日本消化器内視鏡学会中国支部

COI(conflict of interest:利益相反)について

消化器病学会・内視鏡学会ともに利益相反の開示が必要となります。

[消化器病学会]
演題登録時に、利益相反の有無についての確認がございます。
採択通知後、日本消化器病学会より利益相反についてご案内いたします。
詳細については、下記学会ホームページをご確認ください。
日本消化器病学会ホームページ

[内視鏡学会]
演題登録時、利益相反の有無を確認する項目がございますので、該当する方につきましては「有」を選択の上、別途申告書にて申告してください。なお、申告は演題投稿時からさかのぼって1年間の内容を申告してください。
詳細については、下記学会ホームページをご確認ください。
日本消化器内視鏡学会ホームページ

内視鏡学会 倫理承認について

平成27年4月1日より「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」が施行され、日本消化器内視鏡学会も平成28年10月以降に開催する支部例会から、演題登録時に各機関等による倫理審査委員会の承認の有無等の申告が必要となります。
承認申請中の演題は、対応について追ってご案内いたします。
詳細は下記ページをご確認ください。
演題応募時における倫理承認必須化について

演題募集に関するお問い合わせ

第106回日本消化器病学会中国支部例会/第117回日本消化器内視鏡学会中国支部例会
運営事務局 株式会社メッド 担当:馬場、野口
〒701-0114 岡山県倉敷市松島1075-3
Tel:086-463-5344 Fax:086-463-5345
E-mail:jsge-ch106@med-gakkai.org