English第23回日本遺伝子細胞治療学会学術集会

プログラム

  • 第1日目:2017年7月20日(木)

    (E) Lectures in English (J) Lectures in Japanese

    シンポジウム 1 (E)Hall A 14:00~16:00

    「遺伝子改変T細胞による次世代がん免疫療法」
    "Next generation cancer immunotherapy using gene-modified T cells"


    座長:小澤 敬也(東京大学医科学研究所)
       玉田 耕治(山口大学医学系研究科)

    1.イントロダクション: CD19-CAR-T遺伝子治療とその先
    "INTRODUCTION: CD19-CAR-T gene therapy and beyond"

    小澤 敬也(東京大学医科学研究所)

    2.多発性骨髄腫に対するCAR-T療法
    "CAR-T therapy for multiple myeloma"

    内堀 亮介(自治医科大学)

    3.CD116陽性骨髄系腫瘍を標的とした非ウイルス遺伝子改変CAR-T細胞
    "Non-virally engineered CAR T cells for CD116-positive myeloid neoplasms"

    中沢 洋三(信州大学医学部)

    4.固形がんに対するCAR-T細胞療法の最新戦略
    "Novel strategies of CAR-T cell therapy for solid tumors"

    玉田 耕治(山口大学医学系研究科)

    5.治療抵抗性固形腫瘍を対象としたNY-ESO-1及びMAGE-A4を標的にするTCR遺伝子導入T細胞輸注療法の臨床試験
    "Clinical trials of NY-ESO-1 and MAGE-A4 targeting TCR-gene transduced T cell transfer to patients with refractory solid tumors"

    影山 慎一(三重大学大学院医学系研究科)

    シンポジウム 2 (E)Hall A 16:10~18:10

    「遺伝病シンポジウム」
    "Genetic Diseases Symposium"


    座長:大橋 十也(東京慈恵会医科大学)
       遠藤 文夫(熊本大学名誉教授)

    1.遺伝病の治療法、診断法の進歩 新生児マススクリーニングを含めて
    "Progress in treatment and early diagnosis of inherited and metabolic diseases"

    奥山 虎之(国立成育医療研究センター研究所)

    2.原発性免疫不全症の遺伝子治療
    "Progress in gene therapy for primary immunodeficiencies"

    内山 徹(国立成育医療研究センター研究所)

    3.筋ジストロフィーの遺伝子治療
    "AAV vector transduction strategy with immune-modulation to ameliorate muscular dystrophy"

    岡田 尚巳(日本医科大学)

    4.AADC欠損症の遺伝子治療を含めた神経疾患の遺伝子治療
    "Gene therapy for pediatric neurological diseases including AADC deficiency"

    山形 崇倫(自治医科大学)

    5.ライソゾーム病の遺伝子治療
    "Gene therapy for lysosomal storage diseases"

    小林 博司(東京慈恵医科大学)
  • 第2日目:2017年7月21日(金)

    (E) Lectures in English (J) Lectures in Japanese

    シンポジウム 3 (J)Hall A 8:30~9:50

    レギュラトリーサイエンス・シンポジウム「遺伝子治療臨床研究に係る指針改正の動き」
    "Regulatory Science Symposium: Update of guidelines on gene therapy clinical investigation in Japan"


    座長:久米 晃啓(自治医科大学)
       山口 照英(日本薬科大学)

    1.ゲノム編集技術に対応するための遺伝子治療臨床研究指針改正の最新動向
    "Update on ongoing revision of Guideline for Gene Therapy Clinical Research focusing on genome editing technology"

    内田 恵理子(国立医薬品食品衛生研究所)

    2.臨床研究倫理指針改正について〜個人情報保護法改正対応を中心に
    "Revised Ethical Guidelines for Medical Research"

    古田 淳一(厚生労働省大臣官房厚生科学課 課長補佐)

    3.医学研究関連の指針改正・立法の近況をどう見るべきか?
    "The recent discussions on personal data regulation and clinical research governance"

    井上 悠輔(東京大学医科学研究所)

    テクニカルセミナー (J)Hall B 8:30~9:10

    「ゲノム編集・レンチウイルスベクター」
    "Genome Editing:Lentiviral Vectors"


    座長:三好 浩之(慶應義塾大学医学部)

    1.ゲノム編集技術の最新動向
    "Recent advances in genome editing technology"

    佐久間 哲史(広島大学)

    2.レンチウイルスベクターの基礎と臨床応用
    "Basics and clinical applications of lentiviral vectors"

    三好 浩之(慶應義塾大学医学部)

    Special シンポジウム (E)Hall A 9:50~11:00

    欧米遺伝子細胞治療学会 会長講演

    座長:那須 保友(JSGCT2017学術集会 大会長)
       小野寺 雅史(次期会長[JSGCT2018学術集会])

    1.Adoptive transfer of Virus Specific T cells
    Helen Heslop(Baylor College of Medicine, USA [ASGCT 会長])

    2.Tailoring the Adeno-Associated Viral (AAV) Vector System for Gene Therapy
    Hildegard Büning(Hannover Medical School, Germany [ESGCT 会長])

    特別講演 1 (E)Hall A 11:00~11:30

    座長:森下 竜一(大阪大学大学院医学系研究科)

    先天性心疾患に対する心筋再生医療
    "Cell Therapy Trials in Congenital Heart Disease"

    王 英正(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科)

    会長講演 (E)Hall A 11:30~12:00

    座長:浅野 茂隆(東京大学/早稲田大学 名誉教授)

    遺伝子治療におけるアカデミアの役割―20年の前立腺癌での経験より―
    "Role of academina for the development of Gene Therapy -Experience of prostate cancer for 20 years-"

    那須 保友(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科)

    理事長講演 (E)Hall A 13:00~13:30

    座長:衛藤 義勝(一般財団法人脳神経疾患研究所先端医療研究センターアジアライソゾーム病研究センター)

    日本における遺伝子治療の現状と課題
    "Current status and future prospect of gene therapy in Japan"

    金田 安史(大阪大学大学院医学系研究科)

    シンポジウム 4 (J)Hall A 13:30~15:30

    若手シンポジウム「次世代先進医療を支える基盤研究」
    "Fundamental research necessary for establishment of next-generation advanced therapeutics"


    座長:大津 真(東京大学医科学研究所)
       櫻井 文教(大阪大学大学院薬学研究科)

    1.腫瘍化原因細胞を直接除去するウイルスベクターによる革新的戦略
    〜多能性幹細胞での再生医療の安全な臨床応用のための新技術
    "Viral Vector-based Innovative Approaches to Directly Abolishing Tumorigenic Cells:
    Novel Technologies for Safer Clinical Application of Pluripotent Stem Cell–based Regenerative Medicine."

    三井 薫(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科)

    2.CRISPR/Cas9システムを用いたヒトES/iPS細胞における高効率な相同組換え技術の開発
    "Highly efficient biallelic genome editing of human ES/iPS cells using a CRISPR/Cas9 system"

    高山 和雄(大阪大学大学院薬学研究科)

    3.非ウイルス遺伝子改変によるCAR-T細胞療法
    "Chimeric antigen receptor (CAR) – T cell therapy using a non-viral gene transfer system"

    盛田 大介(信州大学医学部小児医学教室)

    4.先端医療と社会との関係ー再生医療を例にー
    "Relationship between advanced medicine and society as an example of regenerative medicine"

    八代 嘉美(京都大学iPS細胞研究所)

    5.mRNA 医薬の難治疾患治療・再生医療への応用
    "mRNA-based therapeutics for intractable diseases and regenerative medicine"

    位高 啓史(東京医科歯科大学生体材料工学研究所)

    シンポジウム 5 (E)Hall A 15:40~17:40

    「がん:増殖型遺伝子組換えウイルスの臨床試験」
    "Cancer - Replication-competent recombinant viruses in clinical trials"


    座長:谷 憲三朗(東京大学医科学研究所)
       藤堂 具紀(東京大学医科学研究所)

    1.がん治療用ヘルペスウイルスG47Δの「先駆け」開発
    "Clinical development of "Sakigake" -designated oncolytic herpes virus G47∆"

    藤堂 具紀(東京大学医科学研究所)

    2.悪性中皮腫に対する遺伝子治療などによる臨床研究
    "Preclinical and clinical researches for malignant mesothelioma with gene medicine and drug repositioning"

    田川 雅敏(千葉県がんセンター)

    3.高齢な食道癌患者に対するテロメラーゼ特異的腫瘍融解アデノウイルス製剤OBP-301と放射線併用の第I/II相臨床研究
    "Phase I/II study of a telomerase-specific oncolytic adenovirus OBP-301 in combination with radiotherapy in elderly esophageal cancer patients"

    田澤 大(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科)

    4.実用化へのサバイビン反応性m-CRAのファーストインヒューマン医師主導治験と次世代腫瘍溶解性免疫治療の開発
    "The first-in-human investigator-initiated ICH-GCP clinical trial of oncolytic Surv.m-CRA towards an approval and the development of the next-generation oncolytic immunotherapies using m-CRA-based technology"

    小戝 健一郎(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科)

    5."Clinical Update: Long-Term Follow-Up Data from 126 Patients with Recurrent High-Grade Glioma in three Phase 1 Trials of Toca 511 and Toca FC, and Justification for a Phase 2/3"
    笠原 典之(University of Miami, USA)

    シンポジウム 6 (E)Hall B 15:40~17:40

    心血管領域における遺伝子・細胞治療:最近の進歩
    "Recent Progress on Cardiovascular Gene and Cell Therapy"


    座長:森下 竜一(大阪大学大学院医学系研究科)
       米満 吉和(九州大学大学院薬学研究院)

    1.重症心不全に対する新しい細胞治療法の開発
    "Building a new cellular treatment of severe heart failure"

    宮川 繁(大阪大学大学院医学系研究科)

    2.iPS細胞を用いた心筋細胞治療
    "Cardiac cell therapy using with induced pluripotent stem cells"

    藤田 淳(慶應義塾大学医学部)

    3.iPS細胞由来心筋細胞を用いた心筋再生治療:霊長類モデルにおける前臨床試験
    "MHC-matched transplantation of iPS cell-derived cardiomyocytes regenerates non-human primate hearts"

    柴 祐司(信州大学バイオメディカル研究所)

    4.ANGPTL2遺伝子を標的とした新規心不全治療薬開発研究
    "ANGPTL2 : a novel therapeutic targeting gene in heart failure."

    宮田 敬士(熊本大学大学院)

    5.心血管病に対する治療ワクチンの開発
    "Development of Therapeutic Vaccines for Cardiovascular Diseases"

    中神 啓徳(大阪大学大学院医学系研究科)

    6.センダイウイルスベクターを用いた虚血肢治療用RNAバイオ医薬の臨床開発状況
    "An update of clinical development for gene therapy with Sendai virus vector expressing the human FGF-2 gene (DVC1-0101) to treat peripheral arterial disease"

    田中 理子(九州大学大学院薬学研究院)
  • 第3日目:2017年7月22日(土)

    (E) Lectures in English (J) Lectures in Japanese

    シンポジウム 7 (E & J)Hall A 8:30~10:30

    ゲノム編集学会Joint シンポジウム「ゲノム編集技術により開かれる遺伝子治療の展望と課題」
    "Prospects and Challenges of Gene Editing Therapy"


    座長:鐘ヶ江 裕美(東京慈恵会医科大学)
       山本 卓(広島大学大学院)

    1.ゲノム編集技術の培養細胞と生物での利用
    "Genome editing technology and its applications in cultured cells and organisms"

    山本 卓(広島大学大学院)

    2.体細胞ゲノム編集の遺伝病治療への応用
    "Somatic genome editing for gene therapy of inherited disorders"

    三谷 幸之介(埼玉医科大学ゲノム医学研究センター)

    3.Duchenne型筋ジストロフィーに対するゲノム編集治療の可能性
    "Genome Editing Gene Therapy for Duchenne Muscular Dystrophy"

    堀田 秋津(京都大学 iPS細胞研究所)

    4.CRISPR/Cas9による血友病Bのゲノム編集治療
    "The cure of hemophilia B by CRISPR/Cas9-mediated genome editing"

    大森 司(自治医科大学)

    5.患者・市民参画とは何か:ヒト生殖細胞へのゲノム編集の議論をめぐって
    "Patient and public engagement in human genome editing"

    武藤 香織(東京大学医科学研究所)

    特別講演 2 (E)Hall A 11:00~11:30

    座長:笠原 典之(University of Miami, USA)

    がん治療用ウイルスG47∆を用いたウイルス療法の去勢抵抗性前立腺癌に対する臨床研究
    "A phase 1 study of an oncolytic HSV-1 G47∆ in patients with castration resistant prostate cancer"

    福原 浩(東京大学医学部)

    特別講演 3 (E)Hall A 11:30~12:00

    座長:三谷 幸之介(埼玉医科大学)

    ゲノム編集技術の進展と医学生物学分野での応用
    "Advances in genome editing technology and its applications in biomedical fields"

    山本 卓(広島大学大学院)

    シンポジウム 8 (E)Hall A 13:00~15:00

    神経疾患シンポジウム「神経・筋疾患の遺伝子治療」
    "Gene Therapies for Neurologic and Muscular Diseases"


    座長:村松 慎一(自治医科大学)
       岡田 尚巳(日本医科大学)

    1.脊髄小脳失調症に対する根本的治療法の開発研究
    "Research for developing fundamental therapies for spinocerebellar ataxias"

    石川 欽也(東京医科歯科大学)

    2.AAV-miRNAによる神経疾患の遺伝子治療
    "AAV-based therapeutic delivery of miRNA in neurodegenerative diseases"

    宮崎 雄(大阪大学)

    3.神経筋疾患に対するNMJ 形成増強治療
    "A possible therapeutic approach aimed at enlarging neuromuscular junctions for neuromuscular disorders."

    山梨 裕司(東京大学医科学研究所)

    4.福山型筋ジストロフィーに対するアンチセンス治療
    "Antisense therapy for Fukuyama congenital muscular dystrophy"

    池田 真理子(神戸大学医学部)

    5.Gene Therapy Approaches for the Treatment of Angelman Syndrome
    Dr. Jody Cook(Agilis Biotherapeutics)

    シンポジウム 9 (E)Hall B 13:00~15:00

    難治性がんへの新規遺伝子細胞療法:基礎と臨床
    "A bench-to-bedside research targeting intractable cancer with gene and cell medicine"


    座長:田川 雅敏(千葉県がんセンター)
       若林 俊彦(名古屋大学大学院医学系研究科)

    1.選択感染型アデノウィルス:開発と応用
    "Targeted Adenoviruses at the Level of Infectivity: Development and Application"

    山本 正人(University of Minnesota,USA)

    2.腫瘍標的武装化ワクシニアウイルスによる全身性がんウイルス療法の開発
    "Tumor-targeted and armed oncolytic vaccinia virus for systemic cancer virotherapy"

    中村 貴史(鳥取大学大学院医学系研究科)

    3.膵内分泌腫瘍に対する標的化腫瘍溶解ウイルス療法の開発
    "Strong Antitumor Efficacy of A Pancreatic Tumor-targeting Oncolytic Adenovirus for Neuroendocrine Tumors"

    青木 一教(国立がん研究センター研究所)

    4.腫瘍溶解性ヘルペスウイルスHF10を用いた臨床研究成果について
    "Clinical trial data using HF10, oncolytic herpes simplex virus"

    粕谷 英樹(名古屋大学医学部消化器外科 教授)

    5.腸管免疫を利用した新規経口がんワクチンと免疫チェックポイント阻害剤の併用療法の開発
    "Development of combinational cancer immunotherapy comprising WT1 oral cancer vaccine and immune checkpoint inhibitor"

    白川 利朗(神戸大学大学院 科学技術イノベーション研究科 先端医療学分野バイオロジクス探索研究室 教授)

    6.生体内に存在しない全く新しい養子免疫治療用高活性NK細胞(AdoptCellⓇ-NK)の開発
    "AdoptCellⓇ-NK: a new class of highly active human natural killer cells for adoptive immunotherapy"

    米満 吉和(九州大学大学院薬学研究院)