第21回日本摂食障害学会学術集会

プログラム






招聘講演10月22日(日)10:00〜12:00【第1会場】

「Using Dissonance Induction to Prevent Eating Disorders: The Body Project」
座長:西園 マーハ文(白梅学園大学)
通訳:荻原 かおり(TELL Counseling)
演者:Eric Stice(Oregon Research Institute)

特別講演10月21日(土)13:30〜14:30【第1会場】

「摂食障害と係わって」
座長:坪井 康次(東邦大学 名誉教授/深川ギャザリアクリニック)
演者:石川 俊男(元国立国際医療研究センター国府台病院 心療内科/日本摂食障害学会 理事長)

教育講演110月21日(土)9:00〜10:00【第1会場】

「脳腸相関から見た摂食障害」
座長:井上 幸紀(大阪市立大学大学院医学研究科 神経精神医学)
演者:福土 審(東北大学病院 心療内科/東北大学大学院医学系研究科)

教育講演210月21日(土)10:50〜11:50【第2会場】

「摂食障害の診断について−最近の話題」
座長:吉内 一浩(東京大学大学院医学系研究科 ストレス防御・心身医学分野)
演者:中井 義勝(一般社団法人京都健康科学研究所)

教育講演310月21日(土)14:30〜15:30【第2会場】

「摂食障害の身体合併症 −ミニマル・エッセンシャルズ−」
座長:野添 新一(鹿児島大学 名誉教授)
演者:鈴木 眞理(政策研究大学院大学 保健管理センター)

教育講演410月22日(日)9:00〜10:00【第1会場】

「摂食障害;精神分析的精神療法によって改善した症例の治療過程と病理」
座長:水田 一郎(大阪大学キャンパスライフ健康支援センター)
演者:衣笠 隆幸(平和大通り診療クリニック)

教育講演510月22日(日)12:00〜13:00【第1会場】

「無視されてきた健康体重でのダイエットの危険性、痩せすぎモデル禁止法に向けて」
座長:山田 恒(兵庫医科大学 精神科神経科/山田メンタルクリニック)
演者:永田 利彦(なんば・ながたメンタルクリニック)

シンポジウム110月21日(土)9:00〜10:40【第2会場】

「摂食障害治療支援センター」
座長:松林 直(福岡徳洲会病院 心療内科・内分泌科)
安藤 哲也(国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 心身医学研究部)

S1-1「摂食障害全国基幹センターの活動と成果」
安藤 哲也(国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 心身医学研究部)
S1-2「宮城県摂食障害治療支援センターの実績と今後の課題」
遠藤 由香(東北大学病院 心療内科)
S1-3「静岡県摂食障害治療支援センター -我が国の摂食障害治療モデルとしての役割-」
竹林 淳和(浜松医科大学 精神医学講座)
S1-4「摂食障害治療支援センター事業でみえてきたもの −福岡県の成果と課題−」
波夛 伴和(福岡県摂食障害治療支援センター/九州大学病院 心療内科)

シンポジウム210月21日(土)10:10〜11:50【第1会場】

「学校と医療の連携」
座長:西園 マーハ文(白梅学園大学)
中村 このゆ(追手門学院大学 心理学部心理学科)

S2-1「『エキスパートコンセンサスによる摂食障害に関する学校と医療のより良い連携のための対応指針』について」
西園 マーハ文(白梅学園大学)
S2-2「学校との連携の実際」
髙宮 静男(たかみやこころのクリニック/西神戸医療センター 精神科)
S2-3「学校と医療のよりよい連携のために −保健室での対応の実際とパンフレットの改訂について−」
唐木 美喜子(ひょうごホームナーシング研究センター)
S2-4「学校と医療の連携~スクールカウンセラーの立場から」
林 マサ子(広島県公立学校 スクールカウンセラー)
S2-5「小児医療と学校との連携」
作田 亮一(獨協医科大学越谷病院 子どものこころ診療センター)

シンポジウム310月21日(土)15:40〜17:20【第2会場】

「神経性やせ症治療における行動制限」
座長:小牧 元(国際医療福祉大学 福岡保健医療学部)
山下 達久(からすま五条・やましたクリニック)

S3-1「摂食障害の治療に対する『行動制限』の有用性と必要性」
大隈 和喜(JCHO湯布院病院 内科・心療内科)
S3-2「浜松医大精神科における神経性やせ症に対する包括的入院プログラムの現状と課題」
栗田 大輔(浜松医科大学 精神医学講座)
S3-3「『行動制限を用いた認知行動療法』の重要な柱と実際」
髙倉 修(九州大学病院 心療内科)
S3-4「摂食障害の精神病理と、心理療法の技法としての行動制限の役割」
瀧井 正人(北九州医療刑務所)

シンポジウム410月21日(土)16:00〜17:50【第1会場】

「食の健康」
座長:鳥帽子田 彰(広島大学大学院医歯薬保健学研究科 公衆衛生学研究室)
河合 啓介(国立国際医療研究センター国府台病院 心療内科)

基調講演「食育の現状と食生活の検討」
服部 幸應(学校法人服部学園 服部栄養専門学校)
S4-1「摂食障害と主要ミネラル不足 ~名目摂取量(食品成分表準拠値)でなく実測値から帰納的に症状改善を試みた報告と今後の課題~」
烏帽子田 彰(広島大学大学院医歯薬保健学研究科 公衆衛生学研究室)
S4-2「現代食の実態をふまえた食の取り組みについて ~摂食障害へのミネラル補給報告例の提示と考察~」
国光 美佳(子どもの心と健康を守る会)
S4-3「管理栄養士に求められる摂食障害患者への栄養サポートとは」
関根 里恵(東京大学医学部附属病院 病態栄養治療部)
指定発言「市販食品のミネラル実測調査」
小若 順一(食品と暮らしの安全基金)

シンポジウム510月22日(日)11:10〜13:00【第2会場】

「臨床各場面での摂食障害」
座長:端詰 勝敬(東邦大学医学部 心身医学講座)
和田 良久(府中みくまり病院)

S5-1「小児専門の外来心療科の立場から-ある思春期症例を入院医療機関と連携・役割分担して抱えること」
黒崎 充勇(広島市立舟入市民病院 小児心療科)
S5-2「精神科診療所における摂食障害の現状」
大田垣 洋子(京橋心療クリニック)
S5-3「摂食障害に対する集団認知機能改パイロット善療法の取り組み −研究から−」
中里 道子(国際医療福祉大学医学部 精神医学/千葉大学大学院医学研究院 精神医学)
S5-4「大学病院での摂食障害臨床と地域支援」
野間 俊一(京都大学大学院医学系研究科 精神医学)

先達に聞く10月21日(土)14:30〜16:00【第1会場】

座長:須藤 信行(九州大学大学院医学研究院 心身医学)
吉内 一浩(東京大学大学院医学系研究科 ストレス防御・心身医学分野)

1「わが国における摂食障害の臨床と研究のめばえとその後の展開」
末松 弘行(名古屋学芸大学 名誉教授)
2「摂食障害とアルコール依存症の併存例の治療から教育入院方式へ」
鈴木 健二(鈴木メンタルクリニック)
3「摂食障害との付き合い50年を振り返る −患者さん、家族から学び、そして恩返しを−」
鈴木 裕也(山王メディカルセンター 予防医学センター)
4「私が歩んだ摂食障害の道と今後への提言」
髙木 洲一郎(自由が丘高木クリニック)

ランチョンセミナー110月21日(土)12:00〜13:00【第2会場】

「知って得するかもしれない?セロトニンの話」
座長:山脇 成人(広島大学大学院医歯薬保健学研究科)
演者:酒井 規雄(広島大学大学院医歯薬保健学研究科 神経薬理学研究室)
共催:Meiji Seikaファルマ株式会社

ランチョンセミナー210月21日(土)12:00〜13:00【第3会場】

「摂食障害と社交不安障害」
座長:須藤 信行(九州大学大学院医学研究院 心身医学)
演者:永田 利彦(なんば・ながたメンタルクリニック)
共催:持田製薬株式会社/吉富薬品株式会社

イブニングセミナー10月21日(土)17:30〜18:30【第3会場】

「働き方改革:勤務間インターバル規制について」
座長:乾 明夫(国立大学法人鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 心身内科学)
演者:山岡 昌之(池袋心療内科メディカルオーククリニック日本摂食障害治療研究所)
共催:ファイザー株式会社

市民公開講座10月22日(日)14:20〜15:50【第1会場】

「摂食障害からの回復に向けて」
座長:岡本 百合(広島大学保健管理センター)

「拒食症と過食症の治し方と接し方」
切池 信夫(大阪市立大学 名誉教授)
「OGはかく語りき『摂食障害の回復のお伴は、多くの気付きと喜びと、そしてちょっとのpetit不幸と』」
武田 綾(NPO法人のびの会)
摂食障害OG 2名