第54回
日本人工臓器学会大会

演題募集

採択日時通知を一斉配信いたしました。発表日時等の詳しいご連絡は、ご登録いただいたメールアドレス宛てに、ご連絡いたしておりますので、ご確認をお願いいたします。未着の場合は、事務局(jsao54@med-gakkai.org)までご連絡ください。

演題募集期間

2016年5月11日(水)~ 6月15日(水)正午 公募演題の募集は締め切りました


演題募集要項

1.応募資格(公募対象セッションに限る)

一般演題(口演・ポスター)・シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション
  • 筆頭著者は、「日本人工臓器学会」会員であることを推奨いたします。ご入会をご希望の方は、日本人工臓器学会事務局にて入会お手続きをお願いいたします。

萌芽研究ポスターセッション
  • 満30歳以下の研究者・医師・メディカルスタッフ・学生などの「日本人工臓器学会」会員に限ります。 (大会2日目:2016年11月24日(金)時点を条件とする)
  • 応募者が筆頭演者であること。
  • ポスターセッションの質疑応答に、確実に参加可能であること。
  • 受賞演題の演者は、和文学会誌『人工臓器』に、受賞レポート(1頁程度)の作成が義務付けられておりますので、あらかじめご承知おきください。

2.発表形式

SYシンポジウム(公募・一部指定)
WSワークショップ(公募・一部指定)
PDパネルディスカッション(公募・一部指定)
OP一般演題 (口演・ポスター)(口演・ポスター)
NS一般演題「看護・コメディカルセッション」(口演・ポスター)
CE一般演題「臨床工学セッション」(口演・ポスター)
YP萌芽研究ポスターセッション(30歳以下)  ⇒詳細


3.カテゴリー

一般演題以外のセッション
シンポジウムSY1わが国におけるDestination therapyへの期待と問題点
SY2急性血液浄化療法の進歩
SY3Respiratory ECMOの現況と展望
SY4医療機器開発迅速化のための環境整備
SY5人工臓器研究におけるbench-to-bedside / bedside-to-bench
SY6生体内組織工学による再生医療の最前線
ワークショップWS1重症心不全治療への挑戦
WS2心臓弁膜症治療の新展開
WS3オンラインHDFの現況と問題点
WS4人工臓器を用いた在宅医療の安全性と課題
WS5ヒヤリハットから学ぶ人工臓器の安全管理
WS6人工臓器を用いた医療現場でのコメディカルの役割
WS7人工心肺装置の未来像
パネルディスカッションPD1補助人工心臓装着手術のコツとpitfall -私たちはこうしている-
PD2植込み型補助人工心臓装着患者の在宅管理
PD3人工臓器と医療経済(人工臓器を用いた治療の費用対効果)
PD4大動脈解離に対するステントグラフト治療
PD5中・長期成績からみた透析患者に対する人工弁選択
PD6次世代型人工心臓の開発 –完全植込み型人工心臓の課題-
PD7生体由来材料を用いた医療機器開発


一般演題

※演題登録の際、発表形式についてポスター発表をご希望される方はチェックボックスにチェックをお願いします。
最終的な発表形態につきましては、大会長にて決定させていただきます。

一般演題(口演・ポスター)
OP1人工心臓OP15心不全
OP2補助循環OP16ペースメーカー、CR、ICD
OP3人工弁OP17救命領域
OP4人工血管、ステントOP18再生医療
OP5人工心肺OP19人工感覚
OP6膜型人工肺OP20ロボット技術
OP7血液透析(HD)OP21人工材料
OP8血液透析濾過(HF)OP22整形外科領域
OP9腹膜透析(PD)OP23腹部外科領域
OP10アフェレシスOP24モニタリング
OP11ブラットアクセスOP25臨床工学
OP12人工肝臓OP26合併症
OP13人工膵臓OP27安全対策、危機管理
OP14人工材料OP28その他


一般演題「看護・コメディカルセッション」(口演・ポスター)
NS1患者管理
NS2合併症対策
NS3看護教育
NS4患者教育
NS5看護技術
NS6リハビリテーション
NS7在宅看護
NS8心理、精神看護
NS9その他


一般演題「臨床工学セッション」(口演・ポスター)
CE1人工心肺
CE2補助循環
CE3人工心臓
CE4血液透析
CE5血漿交換
CE6その他(循環器関連)
CE7その他(血液浄化関連)
CE8その他(救命領域関連)
CE9その他

4.抄録作成要項

文字数制限について
  • 演題名:全角57文字以内
  • 抄録本文:全角900文字以内(図表なし)
登録可能な筆頭演者数、所属施設数の上限について
  • 最大著者数:20名まで(筆頭著者を含む)
  • 最大所属施設数:20施設まで

5.利益相反(COI)について

筆頭演者は、利益相反(COI)の開示をお願いいたします。詳細については、下のデータをご確認ください。


6.応募方法

オンライン登録のみで受付いたします。本ページ最下部のボタンより登録してください。
事前に、登録システム利用上の注意をご確認ください。
UMINオンライン演題登録システム(UMIN)では、Internet Explorer、Netscape、Safari、
FireFox、Google Chrome以外のブラウザでは演題登録できません。
演題登録には、Internet Explorer、Netscape、Safari[ver.2.0.3(417.9.2)以降]、Firefoxにてお願いします。なお、Safariにおきましては、ver.2.0.3(417.9.2)以降のバージョンでご利用可能です。


▶【オンライン演題登録システムFAQ】


①登録番号とパスワードについて

演題を最初に登録する際、任意のパスワードを設定していただきます。このパスワードと演題登録番号(演題登録後に発行されます)がなければ、演題の修正・削除ができません。セキュリティー上、パスワードに関してのお問い合わせには応じられませんのでご注意ください。演題募集期間内であれば登録後の変更が何回でも可能です。

②登録の完了について

正常に登録が完了すると登録番号が自動発行されます。登録番号の発行をもって演題応募の受領通知といたします。登録後は、確実に登録されているか、確認・修正画面にて登録番号とパスワードを用いて必ずご確認ください。

演題登録画面で入力いただく会員番号について
本学会の会員番号は【071-XXX-XXXX】の10桁ですが、071は全会員共通のため、この演題登録では下7桁を入力してください。


7.演題の採否

演題の採否、発表形式・日時等の決定は大会長一任とさせていただきます。
プログラム決定後、登録いただきましたメールアドレスに通知いたします。


指定演題登録
大会事務局または座長より依頼があった方のみご登録できます