演題募集

1.演題登録方法

インターネットによるオンライン登録のみです。本ページ下部の「新規演題登録」よりお申し込みください。


2.演題募集期間

2016年12月21日(水)~2017年1月31日(火)正午 締め切りました

※なお本学会の演題登録はUMINのサービスを利用しております。
この度UMINより、サーバ機器交換作業に伴い、下記の期間中は全サービスを停止する旨のご連絡がございました。演題登録をご検討いただいている皆様にはご迷惑をおかけしますが下記日程以外でご登録いただきますようお願いいたします。

2016年12月24日(土)7:00~2016年12月25日(日)23:00
2017年1月2日(月)7:00~2017年1月3日(火)23:00

 詳細は、下記のUMINのページをご覧ください。
http://www.umin.ac.jp/oshirase/replace/index2016.html


3.利益相反について

本学術集会より、本学会で発表演題を行う演者は、筆頭演者自身の過去1年間における発表内容に関連する企業や営利を目的とする団体に関わる利益相反状態の申告が必要となります。下記を必ずご確認の上、演題登録をお願いします。

日本外科系連合学会
「日本外科系連合学会の利益相反に関する指針」
について (PDF)
日本外科系連合学会
「外科系研究の利益相反に関する指針施行細則」
について (PDF)

第42回日本外科系連合学会では筆頭演者の利益相反申告が必要です。
また、利益相反の有無にかかわらず学術集会発表時にはその開示を行う必要があります。
掲示するスライドは申告書見本に準じ作成し、口頭発表の場合はスライドの一枚目に、ポスター発表の場合はポスターの最後に開示を行ってください。

発表時の開示スライドサンプル
申告すべき利益相反状態がない場合 (ppt) 申告すべき利益相反状態がある場合 (ppt)


4.倫理指針について

2015年4月より「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」が施行されており、今後、倫理指針を遵守することが求められています。
発表内容は、ここに示される倫理指針を遵守した研究であることが望ましいとされています。


5.発表形式と分類項目

シンポジウム(公募)
1.From Bench to Bedside:臨床と基礎の連携研究
2.周術期連携による術後合併症の予防と早期離床をめざして
3.癌の集学的治療と栄養サポートチームのちから
4.チーム医療を推進するためのクリニカルパスの活用
5.緩和医療-それぞれの立場から-

ビデオシンポジウム(公募)
1.合併症を減らすための術式の工夫
2.ここまで進んだRobotic surgery
3.サージカルデバイスの利点と弱点

パネルディスカッション(公募、一部指定)
1.手術室マネージメント-安心の医療を提供するためのチームのちから
2.QOL向上を目指した診療科連携手術
3.円滑な地域連携のための工夫-それぞれの立場から-

ワークショップ(公募、一部指定)
1.高度医療を行うためのメデイカルスタッフ育成の現状
2.診療連携推進をめざした地域連携クリニカルパスの現状と展望
3.地域連携を進めるための医師会との連携
4.多施設共同研究を進めるためのチームネットワーク
5.がん治療における合併症の予防のためのチームのちから
6.救急医療現場における他科連携
7.Oncological emergency、がん治療における緊急対応
8.病院を守るリスクマネージメントチームのちから
9.がん治療における在宅医療を推進するための多職種連携
10.急性期病院の機能を果たすための地域連携と患者支援
11.医工連携
12.災害時におけるチームのちから
13.がん診療におけるインフォームドコンセント:現状と問題点

要望演題(公募)
1.NSTによる周術期栄養管理
2.医療安全
3.周術期連携:口腔ケア、リハビリ
4.術後合併症防止のための術式の工夫
5.他科連携手術
6.Oncoplastic surgery
7.がん治療におけるチーム医療
8.チーム医療の現状と展望
9.重複がんの治療
10.地域連携
11.患者会との連携
12.研究連携、臨床試験
13.男女共同参画
14.低侵襲手術
15.臓器別Robotic Surgery
16.研修医セッション(卒後1~2年)われわれが求める臨床研修・その他症例報告
17.専修医セッション(卒後3~5年)スキルアップのための後期研修プログラム・症例報告

一般演題(公募)
■口演
■ポスター
■ポスター(研修医:卒後1~2年)
■ポスター(専修医:卒後3~5年)
部門
1.頭頸部悪性腫瘍20.手術室看護
2.食道21.ICUにおける看護
3.胃22.外科系病棟における看護教育
4.十二指腸・小腸・イレウス・虫垂23.緩和医療
5.大腸24.患者支援
6.肝臓25.口腔ケア
7.膵臓26.周術期リハビリテーション
8.胆嚢・胆管27.抗がん剤の副作用対策、服薬指導
9.ヘルニア28.超音波診断
10.移植29.地域連携
11.乳腺・甲状腺30.医療経済
12.肺・縦隔31.クリニカルパス
13.泌尿器・副腎32.NST
14.心臓、大血管、末梢血管33.災害医療
15.軟部腫瘍34.婦人科悪性腫瘍
16.周術期におけるチーム医療35.小児外科
17.せん妄対策36.救急医療
18.院内感染対策37.その他
19.医療安全


6.抄録作成に際しての注意

演題名は、全角40文字(半角80文字)以内です。また、抄録本文は、全角600(半角1200)文字まででお願いします。
「必須」の記載がある欄は必ず書き込んでください。データが未入力のままですと登録ができない設定となっています。
登録可能な共著者数(筆頭著者+共著者)は、15名まで、また、登録可能な最大所属施設数7施設まででお願いします。筆頭著者の所属施設の複数選択は可能です。
①、②、③のような丸数字I、II、IIIのようなローマ数字は利用できません。また、α、β、γなどのギリシャ文字は、必ず全角にて入力してください。
英文は全て半角として入力ください。


7.個人情報管理に関して

今回お預かりした、個人情報は、当学会の学術論文発表目的以外での使用はいたしません。


登録画面

暗号通信(推奨)
新規演題登録 確認・修正・削除

8.お問い合わせ

オンライン演題登録に関するFAQはこちらをご覧ください。
演題登録画面がうまく利用できない場合は、UMINホームページで障害が発生していないかご確認ください。
演題登録に関するお問合せは、第42回日本外科系学会学術集会運営事務局(jcs42@med-gakkai.org)までお願いします。


9.お問い合わせ先

第42回日本外科系連合学会学術集会 運営事務局
株式会社メッド
〒701-0114 岡山県倉敷市松島1075-3
TEL:086-463-5344 FAX:086-463-5345
E-mail:jcs42@med-gakkai.org


ページのトップへ戻る