第15回日本乳癌学会中部地方会

ハンズオンセミナー

7月2日(月)9:00よりハンズオンセミナーの参加申込を開始いたします。
先着順となりますので、お早めにお申込みください。

1.ハンズオンセミナー 開催概要

ハンズオンセミナー1「超音波ガイド下インターベンション」

日時:① 9月8日(土)13:10~14:10
日時:② 9月9日(日)9:50~10:50
会場:三重大学医学部附属病院 外来・診療棟 5F スキルズラボ(第4会場)
定員:1日あたり12名(3名×4グループ)
概要:乳癌の確定診断を行うために細胞診・組織診は欠かせません。安全で確実に行うためにもUSガイド下に生検針をきちんと確認しながら穿刺を進めることが重要です。
近年ではUSガイド下に行われる手技が増え、USガイド下に針を進めるという手技は、乳腺の検査以外にも汎用することのできる技術です。
通常は参加費も必要となるハンズオンセミナーですが、今回は無料で行います。
エキスパートによる解説と、講師1名に対し、受講生2~3名で、たくさん実技を行っていただけるように準備します。奮ってご参加ください。

ハンズオンセミナー2「真皮縫合」

日時:9月8日(土)
日時:①16:40~17:20
日時:②17:20~18:00
会場:三重大学医学部附属病院 外来・診療棟 5F スキルズラボ(第4会場)
概要:乳癌の根治において範囲を見極めた上での、確実な切除が重要であることは言うまでもありません。しかし乳がんの患者さんにとっての術後の重要な関心事は、往々にして傷が綺麗かどうかであったりします。
術後キズが汚かったり、離開したりすると、せっかく乳がんは確実に切除できていたとしても、“あの先生、手術下手かも”とささやかれたりしてしまうこともあるあるです。今回はこういった合併症のリスクを最小限に抑えるべく、皮膚縫合のエキスパート形成外科医師が特に真皮縫合のコツを伝授します。
今よりもさらに美しく綺麗な縫合をしたいとお思いの先生方には、ぜひこの機会にご参加ください。

2.セミナー参加費

無料(本会参加者のみご参加いただけます)
※単位認定セミナーではございません。

3.申込方法

事前申込制
申込書(ワード)に必要事項をご記入いただき、運営事務局までFAXまたはE-mailにてお送りください。
参加希望については必ずしもご希望に沿えない場合がございますことをご了承ください。

4.申込締切

8月20日(月)まで
定員に達し次第、受付を終了させていただきます。
受付期間終了後、参加者にはメールにて開催時刻等のご案内をお送りいたします。
定員に満たない場合は、会期中にも参加受付を行います。

5.ハンズオン実習講師

ハンズオンセミナー1「超音波ガイド下インターベンション」

亀井 桂太郎(大垣市民病院 乳腺外科)
柏倉 由実(済生会松阪総合病院 乳腺外科)
今井 奈央(三重大学医学部附属病院乳腺センター)
長野 真由子(三重大学医学部附属病院乳腺センター)

ハンズオンセミナー2「真皮縫合」

成島 三長(三重大学医学部附属病院 形成外科)
田中 真美(愛知医科大学病院 形成外科)

6.協力企業(五十音順)

ハンズオンセミナー1「超音波ガイド下インターベンション」

キヤノンメディカルシステムズ株式会社
コニカミノルタ株式会社
シーマン株式会社
センチュリーメディカル株式会社
株式会社日立製作所
株式会社メディコン

ハンズオンセミナー2「真皮縫合」

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社

7.申込書送付先、問い合わせ先

第15回日本乳癌学会中部地方会 運営事務局(株)メッド
〒451-6040 愛知県名古屋市西区牛島町6-1
TEL:052-569-4808 FAX:086-463-5345(岡山本社)
E-mail:jbcs-cb15@med-gakkai.org