日本子ども虐待防止学会第24回学術集会おかやま大会

学会単位認定について

下記学会について、専門医・認定医単位が取得可能です。

日本精神神経学会精神科専門医1時間1単位、最大3単位
日本児童青年精神医学会認定医参加1単位
日本小児精神神経学会認定医参加1単位/発表(筆頭)1単位
日本小児科学会/日本専門医機構専門医(新制度)更新単位
日本小児神経学会小児神経専門医参加2単位/発表(筆頭)2単位
日本小児心身医学会認定医・指導医更新単位 参加2単位
日本小児科医会「子どもの心」相談医研修単位 参加5単位

また、指定の教育講演を聴講することにより、以下の単位が認められます。該当の教育講演については日程表でご確認ください。

日本小児科学会小児科領域講習各1単位(全4単位)
日本小児科学会専門医共通講習(医療倫理)1単位
日本精神神経学会精神科領域講習各1単位(全3単位)

日本専門医機構 認定講習について

専門医機構の認定講習は、各講習会場で対象セッション開始の10分前から講習参加受付を開始します。
講習会場への入場時に「入場券」を会場入口でお渡しします。講演終了10分以内に会場出口で「受講証」をお受け取りください。
この時間を過ぎると受講証をお渡しできませんので、ご注意ください。
開始時間5分を過ぎた場合、聴講は可能ですが、日本専門医機構の単位は付与されません。ご了承下さい。

専門医共通講習

1単位を取得できます。

教育講演5(1806-A-009)
「研究実施に必要な法と倫理を理解する〜研究倫理指針と個人情報保護法を中心に」

小児科領域講習

各1単位を取得できます。

教育講演1(1806-B-083)
「発達障害と児童虐待に起因する愛着障害との類似と相違:
 神経生物学的知見から治療戦略まで」

教育講演3(1806-B-082)
「フィンランドの「ネウボラ」と「早期ダイアローグ」
 −子ども虐待防止に資する切れ目ない支援−」

教育講演4(1806-B-081)
「チャイルド・デス・レビュー 〜『CDR運営ガイドライン骨子JaSPCAN案』」

教育講演7(1806-B-084)
「妊娠中からの虐待防止 〜社会的ハイリスク妊産婦連絡システムから〜」