第36回日本脳神経超音波学会総会
The 36th Annual Meeting of the Japan Academy of Neurosonology

会長挨拶

ご挨拶

 第36回日本脳神経超音波学会総会ならびに学術講演会を平成29年6月23日(金)、24日(土)にサンポートホール高松(高松市サンポート 2-1)にて開催させていただくにあたり、会員の皆様にご挨拶とご案内をさせて頂きます。伝統のある本会を、讃岐の地、高松にて香川大学周産期学婦人科学教室が担当させていただくことを身にあまる栄誉と感じておりますと同時に、無事に行うことができるかどうか身の引き締まる思いでおります。
 さて、開催するにあたりまず第一に思いますことは、我々が本回において産婦人科領域で初めて総会を担当させていただく意義についてです。理事・会員の先生方の共通した思いは、「従来の脳神経領域だけではなく、幅広く脳神経超音波の裾野を広げてゆきたい」ということではないでしょうか。そこで、第36回日本脳神経超音波学会総会のテーマは、「脳神経超音波のさらなるひろがりをめざして」とさせていただきました。
 来年の本会では会員のみなさまの日頃の脳神経超音波にかける診療・研究の努力あるいは成果を幅広く周知できるような面白くて楽しい学会になればと思っています。そのため、現時点で招請講演1題、特別講演を2題、シンポジウムを7題、イブニングセミナー1題、超音波各社によるワークショップ1題を準備させていただきます。その他、会長講演、ランチョンセミナーも予定しております。また、従来から大好評のハンズオンも土曜日の午後開催させていただきます。さらに、今回の目玉の一つとして、第1会場、第2会場は従来の脳神経領域のセッションを、そして第3会場で主に産婦人科・小児科領域のセッションを行いたいと考えております。
 金曜日の学会終了後にはJRホテルクレメント高松にて、瀬戸内・讃岐の山海の幸・珍味をご用意して懇親会を行いたいと考えておりますので、是非御期待いただけたらと思います。また、香川県の有名ジャズバンド、Swingin' Wonderland JAZZ Orchestraによる迫力満点のスイングジャズのスタンダードナンバー演奏もお楽しみいただきたいと考えていますので、是非ご堪能頂けたらと思います。
 以上のように、盛りだくさんの内容を企画しております。実り多い学会とするため、教室員一同、皆一丸となって鋭意準備を進めております。是非多数の会員のみなさまのご参加を頂きますよう、心よりお待ち申し上げております。

平成28年6月30日
第36回日本脳神経超音波学会総会
会長 秦 利之
(香川大学医学部母子科学講座周産期学婦人科学 教授)