当番世話人挨拶

 この度、「第19回乳癌最新情報カンファランス」(日程:平成30年8月3日[金]~4日[土]、会場:兵庫県姫路市「姫路キヤッスルグランヴィリオホテル」)の当番世話人を拝命いたしました。来年には20回を迎える、大変歴史のある会を担当させていただき、大変光栄に思います。
 昨今の乳癌診療の変遷には目を見張るものがあります。検診、診断、手術、薬物療法と非常に幅広い領域にまたがるだけでなく、今後は予防的処置や免疫療法も重要なテーマとなります。次世代シークエンサーをはじめとするゲノム情報も、きっとprecision medicineとして臨床応用されることでしょう。このような領域すべてを各個人が網羅するのは困難ではありますが、基本的な点は身に着けておくことが必要ではないでしょうか。この会の「最新情報」にふさわしく、限られた時間ではありますが、できるだけ多くの最新情報を網羅できるような内容を予定しております。第17回より最新情報カンファランスの出席は、乳腺専門医制度の申請・更新の単位として認定されています。
 ご存知のように姫路は軍師・黒田官兵衛ゆかりの地でもあります。世界文化遺産の姫路城もリニューアルされ、この機会にぜひお尋ねください。また、好古園や少し足を延ばせば姫路セントラルパーク、忠臣蔵の赤穂もありますので、満喫していただければと思います。
 特別講演には、姫路城の見どころのお話し、懇親会ではオルゴールによるミニコンサートを予定しておりますので、ぜひお楽しみください。
 なお、ノーネクタイのラフな服装でご参加いただければ幸いです。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

平成30年1月吉日

第19回乳癌最新情報カンファランス
当番世話人 三好 康雄
(兵庫医科大学 乳腺・内分泌外科 教授)