演題募集

演題募集期間

2018年9月5日(水)~10月22日(月)正午 締め切りました

乳癌に関する一般演題、とくに転移再発後に長期生存した症例(ロングレスポンダー)を募集いたします。下の4.演題区分(カテゴリー)から演題に適合する分野の番号をお選びください。
※本会では看護師、技師、薬剤師の方々の演題も歓迎いたしますので、奮ってご応募ください。

“転移再発後に長期生存した症例(ロングレスポンダー)”を積極的に募集

症例・治療の特徴や治療をいつまで継続するかなど、データを持ち寄ることにより、転移性乳癌の治癒の手がかりを得ることを目的としています。多くの症例データを事前に集計し、学会当日にディスカッションできる場を設ける予定です。多数のご応募をお待ちしております。
【ロングレスポンダーFAQ】
※登録方法はこちらをご覧ください


1. 演題応募資格

演題発表は筆頭演者1人につき1演題とし、未発表のものに限ります。
なお、筆頭演者(発表者)は、本学会の学会員であることを原則とします。
非会員の方は本会での発表を機に、日本乳癌学会への入会をお考えいただけますと幸いです。

※共同演者の入会義務はありませんが、乳癌学会の発展のためにできるだけご入会ください。
※入会等の詳細については、ご来場の際に地方会事務局にお尋ねいただくか、日本乳癌学会事務局までお問い合わせ下さい。
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-8-16 ぶよおビル 3F
日本乳癌学会事務局
TEL:03-5542-1555 FAX:03-5542-1554
E-mail:office@jbcs.gr.jp


2. 日本乳癌学会学術集会における演題登録時の倫理規定改定のお知らせ

日本乳癌学会の倫理規定が改定されましたのでお知らせします。
倫理審査が必要な研究について、倫理審査委員会での審査を経ずに施設長だけの承認で行われた研究に対しては、演題採用不可となります。
倫理審査が必要な研究については、対応に時間を要することから、演題発表時までに必ず倫理委員会の承認を得るようにしてください。
なお、演題登録時に倫理審査について必ずご申告ください。
詳細については、下のホームページをご参照ください。
http://jbcs.gr.jp/member/iinkaiyori/rinri/endai_rinri1706/


3. 乳癌臨床研究の利益相反状態 開示について

筆頭演者は、抄録登録時および演題発表時に、それぞれの時点における過去3年間における利益相反状態を開示していただきますようお願いいたします。(共同演者のものは開示不要です)

1)筆頭演者は、抄録提出時に「筆頭演者の利益相反自己申告書」(様式1)を一般社団法人日本乳癌学会に提出してください。
2)発表時には、下の表に記載の事項について、発表スライドの冒頭にて開示してください。
下のホームページより専用の書式(6.開示フォーマット)をダウンロードいただき、発表スライドの冒頭部で開示してください。
 一般社団法人日本乳癌学会 利益相反
 http://jbcs.gr.jp/men/aboutus/a09/

利益相反開示要項

金額 該当の状況 企業名等
(1)役員・顧問職 100万円以上 あり・なし
(2)株 利益100万円以上あるいは全株式の5%以上 あり・なし
(3)特許権使用料 100万円以上 あり・なし
(4)講演料など 50万円以上 あり・なし
(5)原稿料など 50万円以上 あり・なし
(6)研究費 100万円以上 あり・なし
(7)その他報酬 5万円以上 あり・なし


4. 演題区分

一般演題(口演)のみの応募となります。下の、演題に適合する分野の番号を選んでチェックしてください。ただし、採用の段階でご希望のセッションと異なるセッションでの発表をお願いすることがあります。

01.ロングレスポンダー 10.病理
02.疫学・予防 11.予後因子・予測因子
03.検診 12.家族性乳癌・遺伝性乳癌
04.診断 13.QOL
05.内分泌療法 14.チーム医療
06.化学療法・分子標的治療 15.看護
07.手術 16.術前・術後治療
08.放射線治療 17.その他
09.緩和医療 18.医学生・研修医セッション


5. 登録方法

演題応募はインターネットからのみとなります。
本ページ下部の登録ボタンから演題登録画面へお進みください。

文字数

演題名:全角50文字以内
抄録本文:全角700文字以内


“転移再発後に長期生存した症例(ロングレスポンダー)”の登録方法






登録番号とパスワード

演題を登録する際に、任意のパスワードを設定していただきます。
このパスワードと演題登録番号(演題登録後に発行)がなければ、演題の確認・修正・削除ができません。忘れないように自己責任において管理くださいますようお願いいたします。なお、セキュリティー上、パスワードに関してのお問い合わせには応じられませんのでご注意ください。


登録演題の確認、修正、削除

締切日までは、何度でも登録した演題を確認・修正・削除できます。
本ページ一番下の「確認・修正・削除」ボタンをクリックしてください。
ログイン画面より演題登録番号とパスワード(ご自身で決定されたもの)を入力してください。
登録された内容が表示されますので、画面上で修正のうえ、送信ボタンをクリックしてください。修正内容をご確認いただき、再度送信ボタンをクリックしていただけば、修正完了となります。

※プログラム・抄録集には登録されたデータをそのまま使用します。
変換ミスなどがあってもそのまま印刷されますのでご注意ください。
※削除も上記の方法で可能ですが、一度削除した場合、復帰できません。


演題登録完了通知

応募演題を受領しましたら、システムから自動的にメールが送信されます。メールが届かない場合は、ご登録いただいたメールアドレスが間違っている可能性がありますので、演題登録修正の要領で、登録内容をご確認のうえご修正ください。


その他、注意事項

※ご自身のコンピュータ環境によっては、ファイアーウォールなどの影響でホームページから演題を登録できない場合があります。病院などのPCで登録できない場合は、ご自宅のPCなどを使用し、再度アクセスしてください。

※締切当日はアクセスが集中し、演題登録に支障をきたすことが考えられますので、余裕を持って登録を行ってください。


6. 演題採否通知

演題の採否はご登録いただいた抄録をもとに当番世話人に一任とさせていただきます。
12月下旬頃に発表日時・会場名をご連絡いたします。


7. 演題登録に関するお問合せ先

第16回日本乳癌学会九州地方会 運営事務局
株式会社メッド
〒812-0013 福岡市博多区博多駅東2丁目5番28号
博多偕成ビル2階アーバンオフィス内
TEL:092-432-2533 FAX:092-432-2534
E-mail 16jbc-k@med-gakkai.org