利益相反の開示

筆頭演者は、抄録登録時および演題発表時に、それぞれの時点における過去3年間における利益相反状態を開示していただきますようお願いいたします。(共同演者のものは開示不要です)

1)筆頭演者は、抄録提出時に「筆頭演者の利益相反自己申告書」(様式1)を一般社団法人日本乳癌学会に提出してください。

2)発表時には、下記表に記載の事項について、発表スライドの冒頭にて開示してください。 COI開示スライド(サンプル)をダウンロードしていただき、発表時に開示してください。なお、利益相反の有無にかかわらず、全ての発表者に開示いただく必要がございます。

COI開示方法

発表・講演スライドの演題・発表者・講演者などを紹介するスライドの次に開示


COI開示スライド(サンプル)

COI開示スライドサンプル(ppt)

COI自己申告の基準

利益相反開示要項

金額 該当の状況 企業名等
(1)役員・顧問職 100万円以上 あり・なし
(2)株 利益100万円以上あるいは全株式の5%以上 あり・なし
(3)特許権使用料 100万円以上 あり・なし
(4)講演料など 50万円以上 あり・なし
(5)原稿料など 50万円以上 あり・なし
(6)研究費 100万円以上 あり・なし
(7)その他報酬 5万円以上 あり・なし

※不明点は一般社団法人日本乳癌学会 利益相反をご参照ください。